繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣

整体・鍼灸・カイロプラクティック・柔整・セラピー従事者のための治療院経営情報サイト。整体・カイロプラクティック・オステオパシーを駆使しながら、ゲシュタルト療法・フォーカシング・プロセスワーク等心理療法を使い、治療院の経営法・マーケティングにも明るい鈴木直人が語るブログです

治療院

繁盛している治療院はこうしている。

うつ・自律神経失調症 対応 入門セミナー
http://www.jiritusinkei.com/semi_info/pra11intro.html


こんにちは、ETCの鈴木です。
治療院だけに限りませんが、繁盛しているお店や会社には共通点があります。
それは商品がいいとか、価格が安いとかよりも以前に、
「欲しいと思っている人がたくさんいる」ということです。

当たり前ですが、どんなにいいものでもそれが誰も欲しいと思わなければ売れません。
最近はごみを捨てるのにもお金がかかりますので、
欲しいと思わないものは無料でももらってくれないのです。

さて、治療院の業界に話を移しますと…

治療院が飽和状態なのは今さら言うことではありませんね。
そして人口が減少しているのも今さら言うことでもありません。

治療院が増え、人口が減っているということは、
治療を提供している人は増え、治療を欲している人は減っているということです。

釣りでたとえると、釣り人は増えたのに魚が減っている状態です。
これでは、いくらマーケティングやコミュニケーションや技術の能力を高めても
魚が釣れる確率は年々低くなるのは誰にでも分かることです。
一部の天才的な治療家や経営者以外には魚はほとんど釣れなくなるのです。

一方、魚がたくさんいて、しかもその魚は今後も増え続けている、
そしてその魚を釣る人が少ない。
当たり前ですが、このような状態ですと簡単に魚はつれます。

我々の業界でいうと、増え続けている症状に対応できるようになれば、
自然と患者さんが増え続けていくのです。

去年、鈴木の治療院は年間20,822人の患者さんが来院しています。
5年前は年間で11,124人でしたので、5年間で患者数が1.8倍に増えていることになります。
これは増え続けている「うつ」や「自律神経失調症」の症状を対象にして施術を行っているからです。
また現在、うつや自律神経失調症の患者さんを施術する先生が少ないというのもあります。
つまり、魚は増えているのに釣り人は少ないという、経営的にとってもいい市場なのです。

人口が減少すれば単なる肩こりや腰痛の持っている人も減っていきます。
治療院が増えている中、肩こりや腰痛の患者さんをターゲットにしていたらば確実に患者さんは減っていきます。
一方、増え続けているうつや自律神経失調症の患者さんをターゲットとすると、
患者さんは確実に増えていきます。

しかし、うつや自律神経失調症の患者さんをターゲットにしようと思っていても、
そのような勉強を専門的にしたことがない方がほとんどです。
また、したくてもそのような勉強ができるセミナーなどがほとんどないのも現状です。

もしあなたが、増え続けているうつや自律神経失調症をターゲットにして
患者さんを増やしていきたいと思うならば、『うつ・自律神経失調症 対応 入門セミナー』を受けてみて下さい。
その場でうつや自律神経失調症のことがみるみる理解していくでしょう。
また、実際にそのような患者さんにどのように施術したらいいのか、どのように説明したらいいのかなど、
実践的な現場での対応も習得できるでしょう。

うつや自律神経失調症に対応できるようになれば、自然と患者さんが増えていきます。
実際にセミナーに参加し、うつや自律神経失調症に対応している先生方は患者さんを増やし続けています。

今回は名古屋・大阪・京都・神戸にて開催いたします。
詳しくはこちらをご覧ください↓

『うつ・自律神経失調症 対応 入門セミナー』
http://www.jiritusinkei.com/semi_info/pra11intro.html



★ETCホームページアドレス変更のお知らせ★
http://www.etc-karada.com/etctop/

◆話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
地域戦略×ブランド戦略 セミナーDVD
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/detail.php?product_id=13
地域をブランドで攻略しよう!
多くの人が見逃している安定的なマーケティングで
治療院の繁盛する基盤を作りましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/etctop/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

治療家塾がバージョンアップ!&治療院の求人

こんにちは、ETCの鈴木です。
たまにお知らせしている治療家塾ですが、
今月16日の治療家塾は、参加者の方から要望がありましたので、
セラピーローカリゼーション(TL)をお教えします。
TLとは簡単にいうと、どこが悪いのかを筋力テストを使って判断するAKのテクニックの一つです。

例えば肩コリ一つを取ってみても
どこが悪いかが分からなければ、ただ肩をもんで終わり。
あるいは「ここが悪いのかな?」と適当に判断してその部位を治療するという
根拠のない治療になります。

TLを行うことにより根本となる原因部位が分かるので、自信を持って治療に当たります。

あなたの近所にもたくさんの同業者がいると思いますが、
これからはマーケティングだけでは治療院を繁盛させることはできません。
より本質に向かった「治せる治療家」となることが重要です。

そのような治療家になるためには、TLは身に付けておかなければならない
テクニックの一つだを鈴木は思っています。


このような要望をから、今後の治療家塾の進行をバージョンアップさせ、
下記のように変えてみます。

15:00〜16:00 前回の復習
10分間休憩
16:10〜17:00 特別講習(今月はTL。来月はチャレンジという診断テクニック)
17:00〜19:00 今月のテーマ

となります。
つまり、今迄にプラスされて特別講習が加わります。
特別講習には、色々なテクニックや座学をお伝えします。
座学について、解剖学は既に行っているので生理学など基礎医学を加えようかと思っています。

今後の治療家塾は、今までのカリキュラム以外にも幅を広げて学ぶ事ができるようになります。
ちなみに7月も第三水曜日、16日の15:00〜19:00です。

7月の今月のテーマは、
上肢帯の機能解剖・肩鎖関節と胸鎖関節の矯正です。
肩関節の痛みや可動域の制限にとても有効です。

10月までの内容を記入してありますので興味のある方はご覧ください。
http://www.etc-karada.com/kenryou/semi/

ちなみに8月はお盆と重なりますので休講になります。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
●鈴木の治療院で求人です。
ETCは会員制度を廃止いたしますが、
本業の治療院の方は事業拡張のための人手が足りないので、
定員2名の求人をいたしております。

鈴木の下で学んでみたいという方はご連絡ください。

当院の特徴としましては…
・うつ病や自律神経失調症に詳しい。
・心理学やセラピー・カウンセリングも学べる。
・解剖学や生理学などの基礎医学も学べる。
・研修が多い。
・当院主催のセミナーは全て無料で参加できる。

このように技術や知識がたくさん学べる治療院です。
このような治療院では労働時間が長い、休みがないなど、
労働環境が悪かったりします。
(まぁ、当たり前なんですが…)

しかし当院は違います。
・完全週休二日制
・週の労働時間は41時間程度。
・年末年始7日間
・年間休日113日
・火曜と金曜は17時まで
・有給休暇が法定通り(全て消化可能)
・労災・社会保険完備

このように、労働基準法にそっている業界ではまれな待遇です。
治療院の経営者はおそらくビックリする待遇だと思うでしょう。
「俺が働きたいわ!」と思う方もいるでしょう。笑

昔とは時代が違い、今の時代はプライベートの充実が仕事の充実につながる方が多い。
この労働環境にする前には鈴木も違和感を覚えていましたが、
時代の変化に対応するのは経営者の仕事ですので、このような待遇になりました。

もちろん、このシステムを組むのは相当大変でした。
毎週のように幹部会議が行われ、担当者は寝ずにプランを立て、
時に理論的に、時に感情的に話し合いがなされる。

そして労働環境の整備と会社を強くしていくのは、時に比例し、時には反比例し、
そうとうな労力をかけて作られた労務システムです。
この労務システムはいつか公開しようと思いますが、
会社が精魂尽き果てるような努力の元作られているこの待遇は一押しです。

もちろん、経営は鈴木がやっておりますので患者さんが多いです。
色々な患者さんが来院いたしますので臨床もたくさん取れます。

さて、こんな会社に働いてみたいという方は、下のページをご覧ください。↓
そして「ぜひ働いてみたい」と思いましたらご応募下さい。

募集しているのは健療施術院の本院のみです。(藤沢市辻堂)
        ↓    ↓    ↓
http://www.etc-karada.com/kenryou/kyuujin.html

ETC鈴木


★ETCホームページアドレス変更のお知らせ★
http://www.etc-karada.com/etctop/

◆話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
地域戦略×ブランド戦略 セミナーDVD
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/detail.php?product_id=13
地域をブランドで攻略しよう!
多くの人が見逃している安定的なマーケティングで
治療院の繁盛する基盤を作りましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/etctop/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

雑草は弱い? 雑草の生き残り戦略

『うつ病・自律神経失調症の対応 入門セミナー』 初の西日本進出!
大阪・福岡
http://www.jiritusinkei.com/semi_info/0809praintro-pr.html
--  --  --  --  --  --  --  --  --  --  

こんにちは、ETCの鈴木です。
今日は生物学から見た経営の話しをします。

「雑草のようにたくましく…」というような言葉がありますが、
生物学者の稲垣先生はこういいます。

「実は雑草は弱い植物なのです」


どういうことかというと、雑草がコンクリートの隙間からはえるのは強くたくましいからではなく、
コンクリートの隙間なら他の強い植物に勝てるからだそうです。

多くの植物が育つのに適切な場所である森などでは
背が高く葉も大きい強い植物たちに雑草は負けてしまいます。
しかし、逆にそのような強い植物はコンクリートの隙間では生きていけません。
つまり雑草は、弱いがゆえに生える場所をうまく選択しているのです。

これは治療院の経営も同じです。
例えば、10分1000円単位のマッサージや保険診療の接骨院、
そして単なる肩こりや腰痛を相手にしている市場は、
植物でいうと森に存在していることになります。
つまりそこは、激戦区であり、強い者が生き残る場所になります。

弱い者が激戦区で戦えば体力が消耗します。
森にいる弱者は、体力勝負でがんばって仕事をして、何とかお金を得ているという状態になります。
うまくいっている治療院でも多くの治療院は年収と体力が比例しているので、
体力が落ちれば年収も落ちてしまうのです。

つまり、年をとった時に森で生きられる体力があるかどうかという問題にあたります。

前回の記事で、人口減少の対策をお伝えしましたが、
その一つに「人口が増えているところに移転する」というものがありました。
その時、鈴木はカッコ書きで「あまりお勧めできませんが」と書きましたが、
それは人口が増えるところにただ移転するのは、
雑草が森に入っていくようなものだからです。

既にあなたが強い存在であるならば、激戦区の森に入っていくのもいいでしょう。
しかし、弱い存在だと思うならば、激戦区は避けて通るのが賢明です。
これは地域的なものも商品・サービスのカテゴリー的なものも同じです。
主戦場では戦わないで、コンクリートの隙間を見つけるのが弱者の戦略です。

「雑草のようにたくましく…」とは、
弱者は弱者なりに背伸びをせずに、
驕らず、目立たず、ひっそりと、
しかし、しっかりと状況を見極め、商品・サービスを選択し、
生き残るための行動をとることなのかも知れません。


『うつ病・自律神経失調症の対応 入門セミナー』 初の西日本進出!
大阪・福岡
http://www.jiritusinkei.com/semi_info/0809praintro-pr.html




●話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
値上げ戦略セミナー&会計経理セミナー DVD
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/detail.php?product_id=13
これを見て保険から自費に変更された方がいます。
今では97%が自費診療です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

・流行り廃り

こんにちは、ETCの鈴木です。

 

あなたは 「流行ってるよね」 と聞いた時、ビジネス的にどのように思いますか?

 

流行っていると聞けば「チャンスだ」と思う方もいるでしょう。

しかし、鈴木は「危ないな」と思ってしまいます。

 

商品・サービスには流行り廃りがあります。

どんなに良い商品でも良いサービスでも、一度流行ってしまえばそのうち廃ります。

 

 

 

流行ったら廃れる。

 

 

これが自然の摂理です。

体だけではなく、経済にも新陳代謝があるのです。

 

ですから、流行ってからその仕事を始めれば、仕事が波に乗る頃にはそれはもう廃れてしまいます。

10年前ぐらいに、たっまごっちが爆発的に流行っているからといって、大量に入荷したらブームが去ってしまい、大量の在庫を抱えるというお店が多く出たそうです。

 

 

  

我々の業界もブームになりました。

後は段々と沈んでいきます。

 

これは逃れることが出来ない自然の摂理です。

しかし、業界は沈むかもしれませんが、個人が沈むとは限りません。

時代の流れを読み、戦略を立てて動いていれば、「業界は廃れ始めても、自分のところは大繁盛」ということは大いにありえます。

 

 

しかしそのためには、長期的な戦略を考えられるようにならなければなりません。

鈴木は「治療院業界はそろそろ危ない」と言っていましたが、それが目の前に迫ってきています。

 

煽りたてるつもりはありませんが、時代は確実に流れています。

肌で感じている方も多いと思います。

 

 

 

・流行った商品はいつごろ廃れるのか?

・その次はどのような時代になるのか?

・自分は今、何をしなければならないのか?

・新しい商品・サービスはどのようにして作ればいいのか?

・流行り廃りに振り回されない方法は?

 

 

81日の戦略セミナーでは、こんなことをお伝えするセミナーになります。

危機感を感じているあなた、

ぜひ参加してみてください。

 

 

「治療院・サロンの経営戦略セミナー」

http://www.etc-karada.com/seminar_8.html

コメントありがとう!
月別表示
ぷろふぃーる
 鈴木 直人
  来てくれて ありがとう。

   ■プロフィール■

  ●勉強したもの&しているもの
カイロプラクティック
  ガンステッド
  ディバーシファイド
  ピアーズ
  アプライドキネイオロジー
  トムソン
オステオパシー
関節モビリゼーション
DSIS (Dynamic Shoe Insole System)
PNF (Proprioceptive 
     Neuromuscular Facilitation)
NLP (Neuro Linguistic Programming)

  ●マイブーム
顎関節の治療
ホメオパシー
ストレスマネージメント
NLP
人間観察
生き方上手になること

  ●スポーツ暦
トライアスロン
合気道
空手
柔術
テニス
渓流釣り
ネイチャースキー
ウォールクライミング

  ●好きな言葉
細く長く。

貧乏は恥ではない、
  しかし名誉なことでもない。

生き残るものは・・・
強いものではなく、賢いものでもなく、
唯一変われる者だけだ。

自分が変われば周りが変わり、そして世界が変わる。

正しいことほど普及して欲しい。
だから受け入れやすく伝えるのだ。

Know nothing state
おすすめ本
おすすめ本
おすすめ本
Amazonライブリンク
当サイト著者 鈴木直人の著書
おすすめ!解剖学
筋肉が透けた状態で骨が見えるので、解剖学所として便利です
鈴木が一番好きな本。治療家には必見の本です。
治療家ならコレぐらいは持ってタイ本
  • ライブドアブログ