『うつ病・自律神経失調症の対応 入門セミナー』 初の西日本進出!
大阪・福岡
http://www.jiritusinkei.com/semi_info/0809praintro-pr.html
--  --  --  --  --  --  --  --  --  --  

こんにちは、ETCの鈴木です。
今日は生物学から見た経営の話しをします。

「雑草のようにたくましく…」というような言葉がありますが、
生物学者の稲垣先生はこういいます。

「実は雑草は弱い植物なのです」


どういうことかというと、雑草がコンクリートの隙間からはえるのは強くたくましいからではなく、
コンクリートの隙間なら他の強い植物に勝てるからだそうです。

多くの植物が育つのに適切な場所である森などでは
背が高く葉も大きい強い植物たちに雑草は負けてしまいます。
しかし、逆にそのような強い植物はコンクリートの隙間では生きていけません。
つまり雑草は、弱いがゆえに生える場所をうまく選択しているのです。

これは治療院の経営も同じです。
例えば、10分1000円単位のマッサージや保険診療の接骨院、
そして単なる肩こりや腰痛を相手にしている市場は、
植物でいうと森に存在していることになります。
つまりそこは、激戦区であり、強い者が生き残る場所になります。

弱い者が激戦区で戦えば体力が消耗します。
森にいる弱者は、体力勝負でがんばって仕事をして、何とかお金を得ているという状態になります。
うまくいっている治療院でも多くの治療院は年収と体力が比例しているので、
体力が落ちれば年収も落ちてしまうのです。

つまり、年をとった時に森で生きられる体力があるかどうかという問題にあたります。

前回の記事で、人口減少の対策をお伝えしましたが、
その一つに「人口が増えているところに移転する」というものがありました。
その時、鈴木はカッコ書きで「あまりお勧めできませんが」と書きましたが、
それは人口が増えるところにただ移転するのは、
雑草が森に入っていくようなものだからです。

既にあなたが強い存在であるならば、激戦区の森に入っていくのもいいでしょう。
しかし、弱い存在だと思うならば、激戦区は避けて通るのが賢明です。
これは地域的なものも商品・サービスのカテゴリー的なものも同じです。
主戦場では戦わないで、コンクリートの隙間を見つけるのが弱者の戦略です。

「雑草のようにたくましく…」とは、
弱者は弱者なりに背伸びをせずに、
驕らず、目立たず、ひっそりと、
しかし、しっかりと状況を見極め、商品・サービスを選択し、
生き残るための行動をとることなのかも知れません。


『うつ病・自律神経失調症の対応 入門セミナー』 初の西日本進出!
大阪・福岡
http://www.jiritusinkei.com/semi_info/0809praintro-pr.html




●話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
値上げ戦略セミナー&会計経理セミナー DVD
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/detail.php?product_id=13
これを見て保険から自費に変更された方がいます。
今では97%が自費診療です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html