[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[
ETCメール通信  治療家成長戦略情報 270

●昔のブログを見て愕然…

]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]
----------------------------------------------------
まごころ学園主催
鈴木流 リピート激増トークテクニック
http://magokoro-gakuen.jp/seminar.html#s04
----------------------------------------------------------------------------


こんにちはETCの鈴木です。
6月1日にうつセミのアドバンスコースが終了しました。
アドバンスはかなり内容が濃かったですが、
みなさんたくさん勉強されていましたね。
うれしいです。

さて、7月からは久々のプラクティショナーが開催です。
おかげさまで満員御礼になりました。
これから申し込む方はキャンセル待ちになっております。


ところで、ひょんなことから、過去の自分のブログを読んでおりました。
ずいぶんとちゃちなことを書いていて
自分で読んでいて恥ずかしくなりました。
めちゃくちゃ落ち込みました…。笑


ふと気付いたことですが、
この鈴木のブログにコメントを残してくれていた方々がいます。
そのコメントに残されたリンクをたどると…


リンク切れになっていることがとても多かったです。
また、リンクされていても記事が2007とか2008年で記事が止まっていたり…。


確か7〜8年前ぐらいからブログが流行り始め多くの人が始めました。
そして気に入ったブログにコメントを書き、
自分のブログにリンクすることが流行っていましたよね。


しかし、多くの人はブログを辞めてしまったようですね。
(ミクシーやツイッターに行ってしまったのかもしれませんが)


昔ほど頻繁に更新しておりませんが、
考えてみれば鈴木は2004年から8年間も続けてきたんだと
改めて自分を褒めてしまいました。笑
なので、先ほどの落ち込みは早速回復しました。


ところで、鈴木は皆さんに謝らなければなりません。

特に昔のブログを見ていた方には。


なぜなら…
「スイマセン… あの頃は『いい人』を演じていました」 笑


鈴木は、ホントはあんまりいい人ではありません。
少なくとも毒舌です。

しかし、初期のころのブログをみると…
明らかに『いい人』になろうとしています。
ア〜ハズカシイ…
あの頃はETCを立ち上げ浮かれていたのでしょうね。

ではでは、今日はこの辺で。。。


まごころ学園主催
鈴木流 リピート激増トークテクニック
http://magokoro-gakuen.jp/seminar.html#s04
----------------------------------------------------------------------------


●話題の教材 ⇒ リピート率向上コミュニケーション
患者コミュニケーションセミナーDVD
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-report.html
患者さんが自ら予約を取って返る言葉とは・・・?


■ 激辛発言&ETC鈴木の私生活が垣間見えるtwitter
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 各教材ラインナップ 
■セミナーDVDラインナップ
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/list.php?category_id=1

■不況対策教材 ラインナップ
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/list.php?category_id=5

■ETC鈴木の治療院の朝礼CD ラインナップ
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/list.php?category_id=11


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html