被災地の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
ご無事であることを心よりお祈りしております。
ETC治療家戦略研究会 代表 鈴木直人
---------------------------------------------

こんにちは、ETC鈴木です。

DVDのご注文をされた方、ありがとうございます。
現在、地震の影響でスタッフが出勤できずに発送が遅れております。
申し訳ありません。
配送も遅れ気味ですので、少々お待ちいただきたく思います。
重ねてお詫び申し上げます。

 

さて、今回のメルマガでお伝えすることは…
震災後の我々の仕事についてです。

当院のスタッフにも伝えたことですが、
たとえ被災地でなくとも、

・ライフラインの障害への対応、
・交通機関の障害への対応、
・過剰なテレビ映像を見ることにより
自律神経が乱れ体の回復力の遅れなど、


これらにより、人々は疲労困憊になってきています。

そのため、単なる肩こりや腰痛も治りにくくなっています。
不眠やめまいなどの自律神経症状が出る方も少なくないでしょう。

 

一部の柔整師の先生を除き、
このメルマガをご覧になっている先生の多くは、
慢性症状に対応する方々だと思います。


その我々が、人々に期待されるのは、被災直後ではなくこれからです。


日常に戻ろうとする人々を、我々の得意な領域で応援いたしましょう。


固まった筋肉、ゆがんだ背骨や骨盤では、
筋力も出ないし持久力も無くなります。
また、乱れた自律神経では、回復もままならないでしょう。


これらの慢性症状に、我々の仕事は効果を発揮するのです。
そして患者さんもそれを我々に期待しています。
これが、我々のできる震災後の仕事です。

募金もいいでしょう。
物資を送るのもいいでしょう。
しかし、我々が一番得意とすることは、慢性症状に対する施術なはずです。

なぜなら、あなたはそれを仕事として年々もやっているからです。


まずは、目の前で慢性症状に苦しむ人々を回復させてあげましょう。
環境適応のために疲憊した体を回復させてあげましょう。

それが震災後の我々のやるべき仕事だと鈴木は思います。

そしてこの仕事も
被災地だけでなく、日本を回復させる重要な仕事なのです。

 

ETC治療家戦略研究会 代表 鈴木直人