こんにちは、ETCの鈴木です。

 

あなたは 「流行ってるよね」 と聞いた時、ビジネス的にどのように思いますか?

 

流行っていると聞けば「チャンスだ」と思う方もいるでしょう。

しかし、鈴木は「危ないな」と思ってしまいます。

 

商品・サービスには流行り廃りがあります。

どんなに良い商品でも良いサービスでも、一度流行ってしまえばそのうち廃ります。

 

 

 

流行ったら廃れる。

 

 

これが自然の摂理です。

体だけではなく、経済にも新陳代謝があるのです。

 

ですから、流行ってからその仕事を始めれば、仕事が波に乗る頃にはそれはもう廃れてしまいます。

10年前ぐらいに、たっまごっちが爆発的に流行っているからといって、大量に入荷したらブームが去ってしまい、大量の在庫を抱えるというお店が多く出たそうです。

 

 

  

我々の業界もブームになりました。

後は段々と沈んでいきます。

 

これは逃れることが出来ない自然の摂理です。

しかし、業界は沈むかもしれませんが、個人が沈むとは限りません。

時代の流れを読み、戦略を立てて動いていれば、「業界は廃れ始めても、自分のところは大繁盛」ということは大いにありえます。

 

 

しかしそのためには、長期的な戦略を考えられるようにならなければなりません。

鈴木は「治療院業界はそろそろ危ない」と言っていましたが、それが目の前に迫ってきています。

 

煽りたてるつもりはありませんが、時代は確実に流れています。

肌で感じている方も多いと思います。

 

 

 

・流行った商品はいつごろ廃れるのか?

・その次はどのような時代になるのか?

・自分は今、何をしなければならないのか?

・新しい商品・サービスはどのようにして作ればいいのか?

・流行り廃りに振り回されない方法は?

 

 

81日の戦略セミナーでは、こんなことをお伝えするセミナーになります。

危機感を感じているあなた、

ぜひ参加してみてください。

 

 

「治療院・サロンの経営戦略セミナー」

http://www.etc-karada.com/seminar_8.html