こんにちは、ETCの鈴木です。

先日フラガールを見に行きました。

とってもいい映画で、とても学びがあるので、ココでちょっとご紹介します。

 

その前に、フラガールのストーリーをコチラで読んでください。

 

 

 

さて、ストーリー的には順序するかもしれませんが、数回かけてお話していきます。

 

蒼井優が演じる谷川紀美子などの炭鉱夫の娘たちが、松雪泰子が演じるフラダンスの先生、平山まどかにフランダンスを習うシーンがあります。

 

当然、娘たちは下手で困惑している状態です。

 

そのときに、平山は生徒たちに言う。

 

 

「フラダンスの振りは、一つ一つに意味があり、手話の要素があるのです。これは波。コレは風。これはあなた。これは私。コレは…」

 

 

といって、踊りながら振りの意味を解説していきます。

 

 

 

 

このときの生徒たちの心のなかで、ある変化が起こります。

それは

「フラダンスの価値が上がった」です。

 

そしてフラダンスの先生、平山まどかは憧れの存在となります。

 

 

人は意味の分からないものには価値を見出しません。

しかし、その意味が一旦分かると、それには大きな価値が付きます。

 

 

ただのダンスと思っていたものが、会話をしたりや気持を伝えるものだと分かると、彼女たちの中で、そのダンスの価値はものすごく上がります。

 

 

 

これは我々にも非常に参考になるところです。

 

いかに患者さんに知識を伝達するかで、我々自身の価値が上がるのです。

 

 

 

この施術には、いったいどんな意味があるのか。

 

 

 

その意味を患者さんが知ると、患者さんの中で我々の価値が上がります。

 

 

猫に小判というように、

人はその知識がないとその価値が分からない。

コレは当然のこと。

 

 

「俺は口下手だから…」なんて言ってられません。

「分かる人が分かればいい」など言ってられません。

 

それは単に自分が楽をしたいだけの言い訳にしかすぎません。

 

 

「いかに自分の価値を上げるか」

 

それは知識の伝達によるところが大きいと再確認をしたシーンでした。

 

 

 

 

ブログランキング投票       

「繁盛する治療院経営 と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。