こんにちは、ETCの鈴木です。

 

先日、とある場所で(治療院ではない)、

頚椎のアジャストをやっていました。

アジャストをやっている人は、明らかにカイロプラクターには見えない。

 

 

見ている限り、モーパルもしていない。

リスティングをしている様子もない。

しかも頚椎の回転操作によるアジャスト。

周りからは「おお〜」という歓声。

 

 

 

うぅ 「怖ッ!」

 

 

 

おそらく、誰かにちょっと教えてもらって、見よう見まねで出来てしまい、それからコツを掴んでしまったのでしょう。でもプロ(鈴木もまだまだですが一応プロ)から見たら、とても怖い。おそらくその方は素人なのでしょう。それとも見ただけでアジャスト方向が分かってしまう超達人なのか?

 

 

 

素人とプロの違い。

それは

 

 

怖さを知っているか

 

 

 

こう言っては失礼かもしれませんが、

素人は無学なため怖さが分からない。

そして、無学は怖さを隠してしまう。

 

 

 

鈴木は怖がりなので、一か八かのような施術なんて出来ません。笑

 

 

 

 

ブログランキング投票       

         執筆 患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。