こんにちは、ETCの鈴木です。

前回の恐怖心に続いて、今回は「危機感」をテーマにしたいと思います。

 

 

あなたは危機感を持つことはありますか?

多くの優秀な人は、実は臆病です。

鈴木も優秀かどうかは分かりませんが臆病です。笑

 

 

仕事が出来る人は、あらゆる可能性も図るが、あらゆる危険性も考えます。

そして、そのための準備が出来ているかどうかをいつも気にしています。

 

 

 

一方、仕事がきるように見せたい人は無用な勇気を奮ってしまいます。

儲かっているように見せるため、大判振る舞いをして、治療院の経営に大事な資金を減らしてしまいます。

世の中の変化に対し、「俺は大丈夫」とうそぶきます。

 

 

常に危機感を持つことにより、

そして、その危機感に対して準備することにより、経営に磐石な土台が出来上がっていくのですね。

 

 

 

「もし○○になったら…」

 

「もし○○が起きたら…」

 

 

 

この危機感があなたの経営を救います。

あなたは危機感を持って仕事をしていますか?

 

 

 

ランキング登録中です。

ご覧になったついでにプチッとクリックしてください。

クリックありがとうございます。

ブログランキング投票       

         執筆 患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。