こんにちは、ETCの鈴木です。

突然ですが、あなたの治療院にはマニュアルがありますか?

 

ずい分前のことですが「マニュアル男」なる者たちが批判を浴びました。

マニュアルどおりにしか動かない。動けない。

 

 

女性とのデートも雑誌に書かれているとおりのマニュアルどおり。

確かにこんなんじゃ、デートもつまらんだろう。笑

 

お役所での手続きなどもマニュアルどおりで、なにか特別なことがあると考え込んでしまうお役人たちがいます。

もちろん、そんな人ばかりではありませんが。

 

 

こんな状態だと、マニュアル自体があることがいけないみたいですが、そうではありません。

 

マニュアルが悪いのではなく、

マニュアルに書かれていることしかできない人間が悪いのです。

 

 

悪いというより、レベルが低いといった方が妥当ですね。

 

マニュアルがないパソコンや携帯電話をあなたは買いますか?

 

 

 

 

短絡的に「マニュアルがない方が良い」のではありません。

マニュアルはあったほうが良いのです。

いや、ないといけない物です。

 

例え今、あなた一人の職場であっても、マニュアルはあることが望ましいですよ。

何故なら、将来あなたの治療院やサロンは大きくなります。

 

大きくなったときに、スタッフのためにマニュアルを作らなければならなくなります。

 

だったら、今のうちからマニュアルを作ってしまいましょう。

今なら、時間があると思います。

 

あなたがどのように電話で話すのか?

どのように患者(お客)さんと接しているのか?

治療はどのようにやるのか?

 

 

マニュアルは「最低限のサービスの保証」のために行うのです。

 

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。