こんにちはETCの鈴木です。

コメントを頂いたのでそれに付随しての事を今回のテーマにしたいと思います。

 

 

あなたは患者さんがわがままで、

 

ほとほと困ったことはありませんか?

 

 

「当たり前のように予約時間より遅れてくる」

「たまに早く来ると、早くやってとわがままを言う」

「無断キャンセルをする」

「そして平然と次の予約を取る」

 

 

はっきり言って「あーだこーだ」うるさい。笑

 

こんなわがままな患者さんは、どうして増えていくのでしょうか?

 

 

 

その原因は、実はあなた自身にあるのです。

 

あなたが患者さんのわがままを許していると、患者さんはわがままを言ってもいいものだと思い、どんどんわがままがエスカレートしていきます。

 

 

ここでの対策は、患者さんを注意することです。

毅然とした態度を取らなければ、患者さんはしたい放題します。

 

 

 

当院では、予約時間に遅れることが多い患者さんには、注意を促します。

無断キャンセルがあれば、次回にお会いした時には注意させて頂きます。

 

これは大人としての礼儀です。

その礼儀が守れないような患者さんは、当院ではお断りしています。

 

 

さて、このようにお断りした患者さんの数を知りたくないですか?

知りたいでしょ。笑

 

当院で1年間でお断りする患者さんは…

 

 

12名です。

 

 

そうです、たったの12名です。

 

 

 

このことから何が分かるかというと、ちゃんと言えば患者さんもちゃんと予約時間通りに来るんです。

ただ、あなたが言わないから、

 

遅れてもいいんだ。

すっぽかしてもいいんだ。

 

と思ってしまうだけなんですね。

 

 

 

そう、つまり患者さんのわがままは、あなたのせいです。笑

 

 

予約時間に頻繁に遅れるようなら、ちゃんと注意してあげましょう。

予約をすっぽかすようなら、ちゃんと注意してあげましょう。

 

それがお互いのためですからね。

気分良く仕事をして、気分よく治療を受けてもらいましょう。

 

 

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。