こんにちはETCの鈴木です。

今回は、ココのところコメントを頂いている「利益に悩む者」先生の悩みについて取り上げたいと思います。

コチラのコメントをお読みの上、ご覧下さい。

http://etc.livedoor.biz/archives/30549764.html#comments

 

 

 

さて、あなたは治療費の値上げをしたい場合どうしますか?

ほとんどの方は、値上げすると今来ている患者(お客)さん達は来なくなってしまうだろうと考えています。

 

 

しかし、実際に鈴木が値上げをした時には、患者さんの数が増えました。鈴木だけでなく、ETCの会員の先生でも値上げをして患者さんが増えたという先生も多いです。

 

もちろん、値上げをして患者さんが少なくなったという話も入ってきています。

 

 

なぜ、値上げして患者さんが増える先生と減る先生がいるのでしょうか?

 

それは「商品力」という問題があります。

値段を高くするということは、商品力があるということです。

 

 

治療業界で言うと、商品力とは何でしょう?

 

「商品力=治療技術」ですか?

 

 

いいえ、違います。

 

 

 

ココを間違える先生がものすごく多いのです。

 

 

 

 

商品とは、「あなた全て」のことです。

 

治療技術のことだけではありません。

 

 

患者さんは何に対してお金を払っているか?

治療のため?

そうです、治療のためです。

 

しかしそれは表向きの欲求です。

表があるなら当然裏の欲求もあります。

 

さて、患者さんがお金を払う「裏の欲求」とは何でしょう?

 

 

続く

 

最近は記事でも文字数に制限が出来た模様です。

今回は切のいいところで区切ります。

 

次回をお楽しみに

 

 

   

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。