こんにちは、ETCの鈴木です。

今年は酷暑ですね。

やはり、地球は温暖化になっているのですかね。

 

さて、今回は前回のA先生のコメントから引っ張ってみました。

A先生、有り難うございます。

 

 

例えばこんな話をよく聞きます。

 

会社のTOPに道徳観のかけらも無い。

院長が「金カネ」言う。

健康食品やチケットを売ってこいとうるさい。

 

 

従業員からしたら、会社や治療院の中は丸見えです。

アクドイことをやっていても法律に触れていなかったら、なかなか外には知られません。いや、法律に触れていてもよっぽどのことが無い限り、内部告発はありません。

 

 

従業員はこう思います。

「こんな会社そのうちつぶれるよ。」

ところがその意に反し、会社は利益を出し続ける場合があります。

 

 

何故か?

 

 

それは仕事の内容やシステムが、その時の「時流」に乗っているからです。

 

治療院やサロンもそうですが、会社や個人の利益が出るか出ないかは、正しいか正しくないかではありません。

 

時流に「乗っているか」「乗っていないか」の差なんです。

 

 

だからいくら正しいことをやっていても、時流に乗っていなかったら、それは廃業を意味します。

 

あなたの治療院やサロンも勿論、このブログをご覧になっている読者の方も、正しいことをやっている方がほとんどだと思っています。

 

だからあえて忠告いたします。

 

 

正しいだけでは利益は出ません。

 

利益が出なければ廃業です。

 

「時流に乗ること」

 

コレはとても大事です。

 

 

 

時流に乗らないといくらあなたが正しくても、

時流に乗っている正しくない奴らに負ける。

 

 

その結果、正しくない者たちが業界を跋扈する。

 

そんな世の中にはしたくない。

とりあえず、そんな業界にはしたくない。

 

ETCの理念はココにあります。

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票