こんにちは、ETCの鈴木です。

鈴木は日経マーケティングジャーナル、通称MJを取っています。昨日のMJに、三菱自動車のことが書かれていました。

 

そうです、リコール隠しで問題が勃発した三菱自動車です。

会社のTOPがあんなんでは、末端で一生懸命働いている人は可哀想ですよね。しかし、昨日のMJにはそれを乗り越えようとしている人たちが載っていました

 

 

あなたは、リコール隠しで一番の被害者を誰だと思いますか?

 

当然車を買った人ですよね。

しかも実際に事故で亡くなった人がいたので、その人が一番の被害者でしょう。

 

でも彼らは、被害者だと誰の目から見ても分かります。

 

しかし、販売店の人はどうでしょう。

 

販売店の人は、加害者の一端を知らずに知らずに担ってしまった被害者です。被害者からは突き上げられ、でも彼らが車を作ったわけでもなく、設計したわけでもなく、ましてやリコールを隠したわけでもない。

 

「何で俺がこんなこと言われなきゃなんないんだ」とふて腐れてもいいところです。笑

 

 

しかも当然ですが三菱の車は売れない。

三菱はどうだか知りませんが、ホンダはディーラーごとが独立しているみたいです。つまりディーラーの持ち主が社長のようなもの。

 

三菱もそうだとすると… 三菱車が売れないということは、当然各ディーラーは死活問題になります。

しかし、ココですばらしいサバイバルをしている人がいます。

「九州三菱自動車販売」です。

 

 

九州三菱は、日産車を売り始め、ついでスズキ車も売り始めたそうです。

 

現在、九州三菱の営業マンは三菱・日産・スズキの3社のパンフレットを持ち歩いている営業マンが増えているようです。

もともと九州三菱は販売網がすばらしく良かったらしいので、日産もスズキもその販売網が魅力だったのでしょう。提携したと書かれていました。

 

 

「死中に活を求める」とは言い過ぎかもしれませんが、あんな騒ぎになって、これからどうやって仕事をしていくのだろうと鈴木は思っていました。

 

これを期に、もしこの会社が発展していくようなら、まさしくトラブルをバネに成功していく模範ですね。

 

そのトラブルがあなたを強くします。

「トラブル歓迎!」って感じですね。

 

 

三菱マンもなかなかやると思いませんか?。笑

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

 

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。