予約の取り方

 

 

こんにちは、ETCの鈴木です。

 

やってしまった…。

みなさん、笑ってください。鈴木のアンポンタン振りを。

 

今日は12:45分から電話コンサルティングだったのに、忘れて銀行に行ってしまいました…。

ごめんなさ〜い、Y先生。

 

つい30分前までは覚えていたのに、銀行との打ち合わせが急に入り(資金繰りではない、笑)

銀行に行ってしまいました。

治療院に帰るとスタッフに言われて青ざめる私…。

急遽電話をしました。

本当にすいません、Y先生。

 

そういえば前にもこんなことが…。

 

成長してませんね、鈴木は。笑

 

 

 

ごめんなさいで終わっては、何の発展もありません。笑

ちゃんとスケジュール管理をするようにいたします。

 

 

ところでこの場合、相手の先生はすでに金を払われているのですが、もし、これから払う場合だったら…。

 

 

経営的にはこれを機会損失といいます。

忘れるなんてのは人間として論外ですが、(ハイ、すいません…)

機会損失で多いのが「売り切れ」です。

 

 

誰かが何かを買おうとした。

しかし、そのものは無かった。

これが売り切れです。

 

そして、これを機会損失といいます。

 

 

売れる機会があったのに、商品が無かった。

これは利益の出せるチャンスを損失したことになります。

 

 

我々で言えば商品は治療やセラピーですね。

売り切れは予約が入っている状態です。

 

「予約が入っているからしょうがない。」と思っていると発展はありません。

 

 

例えばAさんが予約の電話がしてきた。

 

Aさんの予約したい時間はすでに予約済みです。

 

残念でした…。と思ってしまったら機会損失です。

 

機会損失にしないためには…

 

「○○時なら空いているのですが、いかがですか?」

という一言が必要ですね。

 

名付けて

「ご一緒にポテトはいかがですか?」作戦です。笑

 

 

 

しかし、この程度はやってて当たり前です。 

もう少しひねってみましょう。

 

例えば何処の治療院やサロンにも、決まって予約が多い日があると思います。

例えば当院だと土日です。

だから土日はキャンセル待ちまで出ます。

 

これも土日だからね〜」なんて思ってたらは発展しません。

 

だって、土日に来ている何人かは、平日でも来れるかもしれませんよ。

実は平日休みで、無理やり土日に来ているのかもしれません。

会社が近くて、平日の朝一番だったら来れるかもしれない。

最後の時間帯なら、平日でも来れるかもしれない。

 

実は患者(お客)さんもその方が、便利だったりする人もいます。

 

あなたが勝手に

 

「この人は平日働いてるから土日しか来れない。」

 

と、思い込んでいるのかもしれませんよ。

 

 

これも機会損失を減らせる方法のひとつですね。

 

 

いつもクリックありがとうございます。

 

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ログランキング投票

 

 

執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

 

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。