繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣

整体・鍼灸・カイロプラクティック・柔整・セラピー従事者のための治療院経営情報サイト。整体・カイロプラクティック・オステオパシーを駆使しながら、ゲシュタルト療法・フォーカシング・プロセスワーク等心理療法を使い、治療院の経営法・マーケティングにも明るい鈴木直人が語るブログです

2012年02月

インターネット VS 口コミ

●地域戦略×ブランド戦略セミナー DVD
http://www.etc-karada.com/seminar/24th-report.html
先行販売 今なら5,000割引 !
-------------------------------------------

こんにちは、ETCの鈴木です。

2月22日の日経MJに面白い記事が載っていまいた。


「商品・サービスの購入決定のための情報源は何か?」

というものです。

例えば車を購入するとします。

その時に情報を色々と得ますが、どんな情報源から情報を得ているのか?

例えばインターネットで検索するというのも一つの情報源。

また、ディーラーに行ってパンフをもらってくる。これも情報源。

ディーラーのスタッフに話を聞いたりするのも一つの情報源ですね。

また、テレビCMも情報源の一つ。


これはアメリカの2011年の調査で分かったことですが、

車から日用品まで平均したさい、利用した情報源とその割合は以下の通りです。


1.インターネットの検索  50%

2.友人・家族の口コミ   49%

3.店頭でのパッケージ  41%


おそらく日本もたいして変わらない数字になるでしょう。

1番はインターネット検索。だからホームページは重要です。

しかし、2番の口コミにはたったの1%の差でしかありません。


今さらホームページの重要性はいう必要はないでしょう。

重要なのは口コミ、つまり「紹介」です。


紹介といっても、

遠く離れた友達や自宅が離れた職場の同僚にそこの近所の治療院の紹介をされても

「そこまで行くにはめんどくさい」と思ってしまいます。


紹介してくれるのはうれしいですが、どうせ紹介してくれるのならば、

あなたの治療院の「近所の人」が「近所の人」へ紹介してくれた方が来院につながりますよね。

これには口コミ攻略法もいいですが、

もっと効果的なのは『地域戦略』です。

地域で紹介が頻繁に起こる。これが長く繁盛している治療院の共通点です。


物販でなくサービスを提供する我々は、地元の戦略をせずに長く繁盛させることはできません。

たまにホームページに

「○○雑誌に紹介されました」

というようなページが書かれている治療院がいます。


雑誌に取材されることはいいことです。

しかし鈴木も経験がありますが、雑誌に取材されても遠方の方は簡単には来院できません。

もちろん、雑誌に取材されないよりもされた方が多くの場合マーケティング的にいいですが、

雑誌に取材されるよりも地域戦略をきっちり行う方が、我々治療院の経営にとっては重要です。


『遠くの有名でカリスマ的な治療家』 よりも 

『近所の親切で安心できる先生』の方が、多くの患者さんにとっても重要なのです。

(そのため、鈴木はうつ病対策セミナーを行い、
全国各地にうつ病に対応できる治療家を育てています。)


そして地域戦略には必ずといっていいほど「ブランド」が必要になります。

ブランドを持って地域戦略を行えれば、経済が縮小している日本の中でも

継続的に治療院を繁盛させていけるでしょう。


●地域戦略×ブランド戦略セミナー DVD
http://www.etc-karada.com/seminar/24th-report.html
先行販売 今なら5,000割引 !
-------------------------------------------


●話題の教材    コミュニケーション
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
患者コミュニケーションセミナーDVD
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-report.html
患者さんが自ら予約を取って返る言葉とは・・・?


■ 激辛発言&ETC鈴木の私生活が垣間見えるtwitter
http://twitter.com/suzukinaoto
----------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 各教材ラインナップ 
■セミナーDVDラインナップ
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/list.php?category_id=1

■不況対策教材 ラインナップ
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/list.php?category_id=5

■ETC鈴木の治療院の朝礼CD ラインナップ
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/list.php?category_id=11


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

地域戦略×ブランド戦略 セミナー報告

●地域戦略×ブランド戦略セミナー DVD
http://www.etc-karada.com/seminar/24th-report.html
先行販売 今なら5,000割引 !
-------------------------------------------

こんにちは、ETCの鈴木です。

2月8日、地域戦略とブランド戦略のセミナーを行ってきました。

これは治療院など、地域で商売する方にとって根幹のマーケティングになります。


付け焼刃のテクニックでは患者さんを治せないように、

付け焼刃のマーケティングでは、患者さんを増やし続けることは出来ません。

特に、人口が減少し経済が縮小していくことが決まっている日本では。


地域戦略とブランド戦略をきっちりと推し進めていたからこそ、

鈴木は19年の間、患者さんと売上と利益を増やし続けられたのです。

あなたもマーケティング根幹となる地域戦略とブランド戦略を学び、

経済縮小の中でも繁盛させ続けられる治療院になりませんか?


●地域戦略×ブランド戦略セミナー DVD
http://www.etc-karada.com/seminar/24th-report.html
先行販売 今なら5,000割引 !
-------------------------------------------

実はフェイスブックに懐疑的な私

●地域戦略&ブランド戦略セミナー
2月8日(水)10:00〜16:00 (東京)
地域戦略とブランド戦略は、ETC鈴木の最終兵器
http://www.etc-karada.com/seminar/24th-semi.html
-------------------------------------------


こんにちは、ETCの鈴木です。

地域戦略とブランドセミナーは二日後の8日になります。
参加をご希望される方は、本日中にお申込みをお願いします。↑


先日、うつセミの休憩時間にフェイスブックの話になりました。

実は鈴木は、フェイスブックにはかなり懐疑的です。

もちろん、個人で楽しむ分には良いのですが、マーケティング的に使えるかというと、

使えなくはないですが、労力対効果では微妙なところだと思っています。


巷では、「フェイスブックでこんなに集客できた!」といいう方もおりますが、

おそらくそれはほんの一部ではないでしょうか。


「これからはフェイスブックの時代だ〜」と声高らかに言っている方は

ちょっと前には

「これからはミクシーだ〜」と言っていたりします。笑


ちょっとあなたにお聞きしますが、ミクシーのお友達だった方はフェイスブックでもお友達ですか?

ツイッターでフォローしていた方は、フェイスブックでもお友達ですか?

もちろん、リアルなお友達はそうなるでしょう。

しかし、ネットだけのお友達はどうなっているでしょうか?

多くの方はミクシーやツイッターでほとんどが切れていると思います。

逆に、そうじゃない人はすごいですね。


メルマガから始まって、ブログ、ミクシー、ツイッター、フェイスブックと

ネットの集客方法が移り変わっています。

もちろん、時代の変化について行くのは重要ですが、

すぐに変わりゆく媒体に多大な労力をかけるのは多忙な先生にはちょっと厳しいですよね。

そんな風に思っている鈴木もフェイスブックをやってます。笑

なぜなら、フェイスブックがスタンダードになる可能性もなくはないからです。

懐疑的でも杭ぐらい打ち込んでおかないとスタンダードになった時に大変ですからね。


要はマーケティング的にいうと、フェイスブックは可能性のある媒体のひとつでしかないということ。

ファイスブックだけに労力をつぎ込むのはちょっと危険です。

それよりも、治療院のブランドを意識する方に労力をかける方が効果的です。

そうすればフェイスブックに限らずホームページ・チラシ・看板など全てに統一的に使えます。

また、インターネットに頼らずに地域を攻略することも重要です。

ブランドを作って地域を攻略する。

我々のような業態は、これに勝るマーケティングはありません。

ファイスブックはだけではなくインターネット全体も

これを援助するいくつかのツールのひとつでしかないのです。


でも、「友達かも?」って欄に自分の嫁が載ってた時は笑ったな。

実は今でも友達になっていない…笑

ご心配なく、夫婦仲は良いですよ。   たぶん…(汗


●地域戦略&ブランド戦略セミナー
2月8日(水)10:00〜16:00 (東京)
地域戦略とブランド戦略は、ETC鈴木の最終兵器
http://www.etc-karada.com/seminar/24th-semi.html



---------------------------------------------------
動画や音声が無料で閲覧できる 「治療院コミュニティ」
http://www.chiryou.in/sns/

ご覧になるには、IDとパスワードが必要になります。
招待メールが欲しい方は、
ETC事務局まで「招待メール希望」と書いてメールをください。
---------------------------------------------------


●話題の教材    コミュニケーション
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
患者コミュニケーションセミナーDVD
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-report.html
患者さんが自ら予約を取って返る言葉とは・・・?


■ 激辛発言&ETC鈴木の私生活が垣間見えるtwitter
http://twitter.com/suzukinaoto
----------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 各教材ラインナップ 
■セミナーDVDラインナップ
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/list.php?category_id=1

■不況対策教材 ラインナップ
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/list.php?category_id=5

■ETC鈴木の治療院の朝礼CD ラインナップ
http://www.etc-karada.com/kyouzai/products/list.php?category_id=11


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

コメントありがとう!
月別表示
ぷろふぃーる
 鈴木 直人
  来てくれて ありがとう。

   ■プロフィール■

  ●勉強したもの&しているもの
カイロプラクティック
  ガンステッド
  ディバーシファイド
  ピアーズ
  アプライドキネイオロジー
  トムソン
オステオパシー
関節モビリゼーション
DSIS (Dynamic Shoe Insole System)
PNF (Proprioceptive 
     Neuromuscular Facilitation)
NLP (Neuro Linguistic Programming)

  ●マイブーム
顎関節の治療
ホメオパシー
ストレスマネージメント
NLP
人間観察
生き方上手になること

  ●スポーツ暦
トライアスロン
合気道
空手
柔術
テニス
渓流釣り
ネイチャースキー
ウォールクライミング

  ●好きな言葉
細く長く。

貧乏は恥ではない、
  しかし名誉なことでもない。

生き残るものは・・・
強いものではなく、賢いものでもなく、
唯一変われる者だけだ。

自分が変われば周りが変わり、そして世界が変わる。

正しいことほど普及して欲しい。
だから受け入れやすく伝えるのだ。

Know nothing state
おすすめ本
おすすめ本
おすすめ本
Amazonライブリンク
当サイト著者 鈴木直人の著書
おすすめ!解剖学
筋肉が透けた状態で骨が見えるので、解剖学所として便利です
鈴木が一番好きな本。治療家には必見の本です。
治療家ならコレぐらいは持ってタイ本
  • ライブドアブログ