繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣

整体・鍼灸・カイロプラクティック・柔整・セラピー従事者のための治療院経営情報サイト。整体・カイロプラクティック・オステオパシーを駆使しながら、ゲシュタルト療法・フォーカシング・プロセスワーク等心理療法を使い、治療院の経営法・マーケティングにも明るい鈴木直人が語るブログです

2010年10月

お金の扱い方 解説編 その2

こんにちはETCの鈴木です。
前回までのお話、いかがでしたでしょうか?
ご感想を何通かいただきましたが、
実話って面白いですよね。


さて、今回は解説2として、
このリーダーのもう一つの重大な過ちをお伝えします。


結果から先に言いますと、
リーダーとして 「腹がくくれていない」 ということです。


ではリーダーとして、
どんなことに腹がくくれていないのでしょうか?


それは...

「ボス」として全てを受け入れることです。


「ボスとしての義務や責任を受けれる」

というのは分かりやすいと思います。

これを受け入れなければ、
リーダーとしていられない事ぐらいは誰にでも分かりますよね。


しかし今回の事件では、そっちではなく「プラス」のことです。


つまり、リーダーとして他のメンバーよりも多くのお金をもらうことに
腹がくくれずに気がひけてしまっていたのです。


リーダーなら、堂々とその他のメンバーよりも多くもらいましょう。

当然です。
リーダーは他の誰よりも頭を使い、働き、
そして義務を負い、責任をとるのですから。

何かあれば、リーダーはトラブルの全面に立たなければなりません。
治療院のお金がなくなれば、自腹で払わなければなりません。


度胸も智恵もお金も
全てに対してメンバーよりも持っていないと行けない。

そのためには、リーダーとして受け取るものは受取らないといけないのです。


「他のメンバーと同じだけでいいの」と思うことは、
他のメンバーと同じ責任と義務しか負いたくないという無意識のメッセージなのです。



ボスならば、入ってくるお金も人が嫌がるトラブルも
全部受け入れないとならないのです。



さて、あなたは「プラスのこと」の受け入れを拒んではいませんか?


11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー申込開始
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-seminer.html
--------------------------------------

質問もまだ募集しておりますので、ご質問をされたい方はどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー
★★★  質問募集!  ★★★
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-semi.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況時の治療院経営に必要な12の知識
http://www.etc-karada.com/fukyouji_tishiki.html
不況の時には
不況に適応した経営をしなければならない!
ETCでTOPクラスの売上を誇る人気教材。
------------------------------------------------

■    ETC鈴木のtwiter  たまに激辛発言しています。^^;
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ 
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

お金の扱い方 解説編 その1

こんにちは、ETCの鈴木です。
2話に渡っての話はいかがでしたか?
2話の振り返りはこちらから
http://etc.livedoor.biz/
前回、リーダー、メンバー、
それぞれの立場から考えてみてくださいとお話しました。
さて、いかがでしたでしょうか?
鈴木の見解はこんな感じです。
-----------------------------------------------------
< メンバーの立場から見た場合 >
・リーダーはうそを付いてお金を独り占めしていた。
これに対して、< リーダーの立場からすると >
・いつものボランティア活動は自腹を切ることも多い。
打合せの時の交通費・お茶代・労力、また練習するときの場所代など…
だから、今回はリーダーの私が多くもらったっていいいじゃない!
多くもらったお金で、●◎(ボランティア活動に必要なもの)を購入するつもりだし…。
これに対して
< メンバーの立場から反応 >
・お金はいいけど、我々に嘘をついたのが許せない…。
これに対して、< リーダーの立場からすると >
・・・
-------------------------------------------------------
リーダーとメンバーたちで話し合いをしたらしいですが、
おそらく、このような話し合いになったでしょう。
実は、ボランティア活動を積極的にやっている方は、無料では収まらない時が多いです。
自腹を切って活動するところも少なくありません。
メンバーたちもそのことは理解しています。
結局嘘をつかなきゃよかったのか?
確かにそうですが、もっと根本的な問題があります。
それはリーダーのお金に対する意識です。
つまり、お題にあるように「お金の扱い方」に不慣れなのです。
ボランティア活動をやっている方に多いのが、
「お金のためにやっているわけじゃない」という意識です。
これはこれで立派です。
しかし、このような人の多くは 『お金の力』 に負けてしまいます。
このリーダーもお金の力に負けてしまいました。
「全員でこれぐらいもらえたけど、打合せやその他の労力、
またこれからの機材購入のため、みんなのギャラは1万円ね。」
と言えばよかったのです。
普段お金を稼いでいないと、
お金を稼ぐことは悪いこと、と思ってしまいます。
つまりリーダーは、自分だけお金を多くもらうことに罪悪感を覚え、
最初から一人1万円しかもらっていないと嘘を言ってしまったのです。
リーダーにとっては、嘘をつくことは自分の罪悪感を増やすことになるのですが、
お金の力に負けてしまったので、そうするしかなかったのです。
ボランティア活動も、本格的になるとお金がかかります。
そのため現在、社会企業という社会的でボランティア活動的なものに
利益を出していこうという会社が出てきています。
(助成金などが出ていないと)
利益が出ないとボランティアでさえ続かなくなってしまうのです。
そして、利益が出るとけっこううれしくなり、モチベーションも上がるのです。
だから、メンバーも最初は大はしゃぎだったのです。
今更ですが、お金をもらえるというのは、
「人にそれだけの価値を認められた」
という証です。
また、このリーダーは、この他にもう一つ致命的な間違いを犯しました。
それは次回に!
< 解説も次回に続く >
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー申込開始
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-seminer.html
--------------------------------------
質問もまだ募集しておりますので、ご質問をされたい方はどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー
★★★  質問募集!  ★★★
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-semi.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況時の治療院経営に必要な12の知識
http://www.etc-karada.com/fukyouji_tishiki.html
不況の時には
不況に適応した経営をしなければならない!
ETCでTOPクラスの売上を誇る人気教材。
------------------------------------------------
ETC鈴木のtwiter  たまに激辛発言しています。^^;
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------
ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#03
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

お金の扱い方 後編

こんにちは、ETCの鈴木です。
今回は次回からの続きです。

前回の振り返りはこちらからどうぞ。
http://etc.livedoor.biz/archives/51703923.html


--------------------------------------------

実はこのボランティアリーダーは、
出演料として、大手企業からそのリーダーに支払われた金額は、
全員でイベント数日分の二十数万円でした。

しかし、リーダーはメンバーたちに一人一万円と話しました。
それでもメンバーたちは、今までお金をもらえなかったボランティアから、
大手企業のイベントに参加できる名誉だけでなく、
一万円ももらえるとはしゃぎました。

実際は、メンバーは公平に配分すれば
一人六万円ぐらいは貰える計算になります。


ところが、ここでリーダーの思わぬ出来事が起きます。
大企業からの通達で、イベントに一人だけ他のボランティア団体の
人間を入れてくれということでした。

立場上、断れずに迎え入れることになりましたが、
その一人は、企業と直接契約しているので、お金は直接企業から支払われました。


こういうところから情報というのは広がっていきます。
リーダーのいないところで、ギャラの話になり、
他団体の一人は数万円もらっているということをメンバーたちが知ることになりました。


その雰囲気を何となくリーダーは感づき、対策を始めます。


数日後「企業の方から出演料をアップするって言ってきた」と
リーダーはメンバーに伝えました。


メンバーたちは顔を見合わせ、更なる不信感を感じました。
その雰囲気に、リーダーの心はおおいに揺さぶられていました。


結局イベントが終わるころには真実が知れ渡り、
メンバーとリーダーの中は険悪になるということになりました。

そして私の知り合いを含めた数人が、
これをきっかけにこのボランティア団体から辞めることになりました。


さて、あなたはこの出来事をどうとらえますか?

リーダーの立場、メンバーの立場に立って考えてみてください。
鈴木の考えは次回お伝えします。

 

11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー申込開始
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-seminer.html
--------------------------------------

質問もまだ募集しておりますので、ご質問をされたい方はどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー
★★★  質問募集!  ★★★
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-semi.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況時の治療院経営に必要な12の知識
http://www.etc-karada.com/fukyouji_tishiki.html
不況の時には
不況に適応した経営をしなければならない!
ETCでTOPクラスの売上を誇る人気教材。
------------------------------------------------

■ ETC鈴木のtwiter  たまに激辛発言しています。^^;
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ 
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

お金の扱い方 前編

こんにちは、ETC鈴木です。
前回、そろそろいいだろうと思い、尖閣諸島の問題を取り上げたら、
事件が再燃してしまいました。

メルマガ原稿は数日前に書き、予約発行をするので、
こんなことも起きます…。笑


さて、ついでですので、前回の補足です。
クレームに対しては毅然とした態度が必要ですが、
クレーマーも人間です。当然感情を持っています。

ですから、感情を解放させる必要があります。
そうでないと、クレーマー自身がドンドン不利になっていくのに
クレームを引かないということが起きます。

最悪、警察を呼ぶことになりますが、
出来ればそんなことまでしたくない。

そのため、クレーマーのメンツも保ってあげるというのも
事態を悪化させない方法の一つです。

やり方はトーキングセミナー2にご紹介しましたので、
ご興味がある方はご覧ください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
トーキングセミナー2  セミナーDVD
http://www.etc-karada.com/11thsemirepo.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


さて、宣伝みたいになってしまいましたが、
宣伝は対談セミナーが主です。笑


さて、今回は質問ではなく、面白い事例をお話します。

私の知り合いがあるボランティア団体に所属しています。
私の推測では、そのボランティア団体のリーダーは、
そのボランティア活動が好きで、一種の自己表現の一つとしてやっていました。


「自己表現をして、それを人に見てもらえる」
これは自己承認の一つですので、リーダーとその仲間たちは
精神的満足感が非常に得られることになります。

そのため、そのリーダーの気持ちは、
「お金なんていいの。私はこれが好きだから…」というものです。

 

そんなリーダーのもとに、
ある一通のメールが届いたことから、トラブルは始まりました。

 

そのメールは、誰でも知っている、ある大手企業からのメールで、
「ぜひうちのイベントでもやってくれないか」という依頼のメールでした。

その大手企業は
「きちんとお金もお支払いしますので仕事として引き受けて下さい」と依頼してきました。


リーダーにとっては、初めてその活動でお金をもらえることになったのです。
しかもボランティアによくある金額の交通費程度ではなく、
一人頭数万円、合わせて二十数万円以上にもなる金額です。


さて、そこでこのリーダーはどんな行動をとったのでしょうか?


もちろん、自己表現の場が大手企業のイベントで行えるので、
メンバーともどもみんなで大はしゃぎです。

この大はしゃぎが、イベントが終わるころには険悪のムードの変わるとは
この時、誰も思わなかったでしょう。


<<<  続く  >>>


11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー申込開始
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-seminer.html
--------------------------------------

質問もまだ募集しておりますので、ご質問をされたい方はどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー
★★★  質問募集!  ★★★
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-semi.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尖閣諸島から何を学ぶか?&セミナー質問集

こんにちは、ETC鈴木です。
以外にも未だにポツポツと質問がやみません。
うれしいことです。
質問された方、ありがとうございます。
対談セミナーのネタがたくさん増えていますので、
実りある時間になりますね。

さて、だいぶ事件から経ち、
もうそろそろ触れてもいいかなと思うので
尖閣諸島の問題を取り上げます。


多くの新聞雑誌で、日本の対応はダメだったという評価ですが、
鈴木は、なかなかの対応だったと思っています。

ただし、途中までは。


我々に照らし合わせると、あれはクレームです。
しかも正当なクレームではなく、難癖を付けるクレームです。
そして、クレームの対応はたった一つです。

「真摯に受け止め、毅然と対応する」

これが大原則です。

最初日本政府は
「法律に則って粛々と進めていく」と公言する、素晴らしい対応でした。

法治国家である日本は
たとえ皇族が法律を犯しても罰せられるというのが原則です。


そこに中国は力攻めで押して来たのですが、
日本はこれに折れてしまいました。

つまり、難癖のクレームに折れてしまったのです。
当然ですが、クレーム対応では一番まずい対応です。

政治の世界と我々の世界は違うと思いますが、
原則を破ったというのは事実です。


話は変わりますが、以前、今ほど太陽光発電が普及する前、
某会社は、強引な方法で太陽光発電を訪問販売(以下訪販)で売りまくりました。
そして、その他の訪販業者は、屋根に太陽光発電のある家に
布団などを売り込みました。

何故なら、一度訪販で高い買い物をした人は、
断り切れずにまた買うということを知っていたからです。

詐欺にあった人は、詐欺に狙われます。
訪販でモノを買ってしまった家は、訪販業者に狙われます。
クレームに折れたお店は、クレーマーに狙われます。

日本が同じような手口で狙われなければいいと思ったのは
鈴木だけではないでしょう。


さて、対談セミナーに寄せられている質問です。↓

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
理想についてお伺いします。  
あなたの理想の治療とは。その治療の流れを教えて下さい。
理想の患者さんは。
朝起きて、眠るまで、理想の一日を描いて下さい。
a仕事の日、b休日。
(朝ご飯の内容から、出勤に使う車の車種、夜のひとときまで、過ごし方全ての理想を簡単にお願いします)
理想の人生とは。
理想の3年後と10年後。
理想の資金運用。
理想の夫婦、及び男女関係(愛人やお気に入りのキャバ嬢も含め)。
理想の人間像。
そしてその理想に近づくために努力していること。等、お教え願いたい。 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
理想ですか…。
あまりよく考えたことはありませんが、何となくはありますね。
それがいいかどうかはその時になって見ないと分かりませんが…。
何かいいヒントになるとうれしいです。

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕事、プライベートなど、やるべき事が増え続けています。
限られた時間とエネルギーを有効に使う為、
又は、創り出す為に、工夫されている事があれば教えて頂きたいです。
例えば、上手に人に任せる一言の言い方、体や脳を活性化する為の食事や運動。
逆に、やらないと決めている事などです。宜しくお願致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やる気が出てくると、
「あの昔の暇な時間は何だったのか」と思うぐらい忙しくなります。

そのため、このような質問はよく受けます。
対談セミナーでは、それぞれのコツをお伝えいたしますね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


このような質問をテーマとして鈴木暁光先生と対談していきます。

11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー申込開始
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-seminer.html
--------------------------------------

質問もまだ募集しておりますので、ご質問をされたい方はどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー
★★★  質問募集!  ★★★
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-semi.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

?


●話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況時の治療院経営に必要な12の知識
http://www.etc-karada.com/fukyouji_tishiki.html
不況の時には
不況に適応した経営をしなければならない!
ETCでTOPクラスの売上を誇る人気教材。
------------------------------------------------

■ ETC鈴木のtwiter  たまに激辛発言しています。^^;
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ 
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html
このページの下部です

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

これはみんな聞きたいと思うだろうけど…

こんにちは、ETC鈴木です。
ついに対談セミナーにこういう質問が来ました。
みんな聞きたいだろうけど…

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
治療院、整骨院関係のコンサルタントもしくはそれに準ずる人達について、お二人の評価や見解をお聞きしたいです。
・花谷博幸氏(PCC)
・杉園信一氏(SRC)
・今富貴夫氏(接骨院コンサルタント)
・車谷英紀氏(地域ダントツ治療院を育成する会)
・廿日出庸治氏(メディカルNLPコミュケーション研究所)
・工藤謙治氏(株式会社クドケン)
・梅原二郎氏(紅葉丘整骨院)
・村上公一氏(天才カリスマ院長?)
・増田拓保氏(年収5000万整体師?)
まだ他にもいらっしゃるでしょうけど、思いついたところでこんなトコでしょうか。
オフレコとのことで、本音トークが聞ければと思います。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

強烈な質問です、これはストレートですね。笑
みんなこれは聞きたいと思うだろうけど…
…すいません。 鈴木はこの中の一人ともお会いしたことがありません…。
初めて聞いた名前の方もいます。苦笑

<あれ? セラポートの谷口さんが入ってませんね…
推薦文書いてるしな、入れられなかったのかな…(独り言)笑>

さて、この質問からどんなことを知りたいのでしょうか?
セミナー中、よかったらお聞かせ下さい。
それにより、お答えする内容が変わってきます。

羅列されている先生方、ネタにしてすいません。m(__ __)m

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自己啓発や成功哲学の書籍や教材、セミナーなどについてお二人の意見をお聞きしたいです。
私自身は書籍を何冊か読んだ程度ですが、成功しているお二人はそういったものに投資して、学んでこられたのか興味があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これも多くの方が知りたいと思うところでしょう。
私と鈴木暁光先生との違いなども感じて下さい。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


このような質問をテーマとして鈴木暁光先生と対談していきます。


11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー申込開始
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-seminer.html
--------------------------------------

質問もまだ募集しておりますので、ご質問をされたい方はどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー
★★★  質問募集!  ★★★
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-semi.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お寄せいただいている質問

こんにちは、ETC鈴木です。
現在、対談セミナーには、こんな質問が来ています。

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. 毎月の自由に使えるお小遣いはいくらですか?
2. こんな女性がいたら今からでも自分の人生投げ出してでも一緒にいたいと思うような女性のタイプはありますか?
3. もし全日本変人選手権があったとしたら先生方はどんな変人選手権で日本一になりますか?
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

面白い質問が来ました。笑
面白いので採用です。
ただ、当日どんな答えになるか分かりません。笑
オフレコでも、答えられないこともありますから。
ちなみに質問された方はおちゃめの人で、
「変人ではなく『変態』の間違いでした。ちょっと気にしすぎちゃって…」と連絡をいただきました。
変態選手権ですか… 対談セミナーが飲み会みたいになりそうですね。


●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お2人ともかなり稼いでいると思いますが
先生方にとってお金とはどんなものでしょうか?
またお金はどんなことに1番使うのでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お金の質問が二つ続きました。
興味あることだと思います。
合わせて採用させていただきます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当院には、アトピーやリウマチなどの治療まで、
結構時間のかかる難病患者さんが来院されます。
「治りますか?」と尋ねられると
私は「諦めなければ治ります!」とキッパリ言います。
しかし、開業して3年経ちましたが、治したことはありません。
もちろん勉強も怠りませんが、「この答え方でいいのか?」と不安になる時があります。
治したことのない難病の患者さんの「治りますか?」にお二人の先生は
どう答えていらっしゃるか、是非ともお伺いしたいです。よろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
他の先生の質問でもありましたが、
「治る」という言葉の定義をしてからお話しすることがいいと思います。
当日、「治る」という定義を患者さんとどう同じにするのかもお話します。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


このような質問をテーマとして鈴木暁光先生と対談していきます。

更に強烈な質問が来ています。
次回のメルマガをお楽しみに!


11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー申込開始
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-seminer.html
--------------------------------------

質問もまだ募集しておりますので、ご質問をされたい方はどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー
★★★  質問募集!  ★★★
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-semi.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの谷口さんからの推薦文&お寄せいただいている質問

こんにちは、ETC鈴木です。
11月7日に行われる
「治療家エピソード×2 対談セミナー」ですが、
セラポートの谷口さんから推薦文を頂きました。

谷口さんとは、もう長い付き合いになりますが、
人脈や仕事は多方面にあり、「恐れ入ります」というレベルです。
そんな方から、推薦文と参加者への面白いアドバイスも書かれていますので、
ぜひご覧ください。
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-suisen.html


●現在、対談セミナーには、こんな質問が来ています。

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
治療院勤務、休日の自宅往診を10年続けています。
諸先輩方の話や本を読みましても、開業から軌道に乗るまでのご苦労、
生活の苦しさなど、なかなか受け入れることが出来ません。
先生方は、開業への勇気、軌道に乗るまでのご苦労の克服法などを、
実際の収入金額を交えてお教えいただければ幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
切実な質問ですね。
きっとこういう人は多いのではないかと思います。
ぜひ採用したいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分は治療家として満足しているが、自分が年老いた時、病んだ時、
もしもの時に不労収入を得るような仕組みを作っておきたいと考えています。
資金はまあ、あるのですが、何をしたらよいか判りません。
ビジネスとしては3つの収入源を持つと良いとは言われますが、僕は治療のみです。
分院や整体スクール、経営塾などが一番かと思いますが、
まだ、その自信と踏ん切りがありません。
治療家としてやってきたのですから、上記の展開がベストかとは思いますが、
「人生好きなことをやる」視点から考えた場合、
飲食店(本当に自分が行きたくなる、もてなされたい、
こだわりのお店)なんかも良いな〜と思ったりもして。
ただ、素人ですから、治療院以上に難しいだろうなと思いますが。
ずーと考えているだけで終わってしまうタイプではないので、
いつか、その時が来て機が熟した時に周りから動き出して廻ってゆくのだろうとは思いますが、
常に向上してゆきたいので、諸先輩方の成功事例やご意見をいただけると嬉しいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新規事業、事業拡張を考えているということですね。
ある程度軌道にのると、向上心のある方は誰でも考えることですね。
こちらも採用したいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

このような質問をテーマとして鈴木暁光先生と対談していきます。

11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー申込開始
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-seminer.html
--------------------------------------

質問もまだ募集しておりますので、ご質問をされたい方はどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー
★★★  質問募集!  ★★★
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-semi.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタジオア○ス2&対談セミナーへの質問例

こんにちは、ETC鈴木です。

まずはお詫びです。
治療家エピソードの質問ですが、
たまに送信が出来ない時があるそうです。
ご迷惑をおかけしてすいません。
少し時間をおいて送信してみてください。

 

さて、前々回はスタジオア○スがダメだとお伝えしました。
その理由をご説明します。

スタジオア○スに写真を取りに行きましたが、
一言でいうと…

「子供のことだから親は我慢するだろう」

という意識が見え見えであったこと。


待ち時間が長いのは、
前の子供がぐずったりするのでいたしかたないとして、
撮影時間が非常に長く、子供が疲れてきているのに
定数である5枚の写真を撮ろうとする。
しかも鈴木の子供の後にも順番待ちの家族もいた。

こちらは一枚撮ってくれればいいと伝えているが…
商売なので、色々なカットを撮れば買ってくれるかもしれないと思うのは分かる。
しかし、長くて子供がぐずっているので、笑顔が撮れない。
だから撮影時間も延びる。
5枚セットで撮ることになっていますのでといって、途中でやめない。

予約通りに行って1時間待たされ、
更に5枚の写真を撮るのに30分かかり、
写真を選ぶのに30分も説明が入る。

最後には「買わないと悪いかな」と思わせるようなトークでたたみかけてくる。

一生懸命やっているのは分かるんだけど…


このような、自分たちで勝手に決めたシステムをごり押しする。
また、「買わないと悪いかな」という情けで消費させる。

たまたま、鈴木が行ったところだけがそうなのかもしれないですが、
子供の写真を撮りに行って不快になるとも思わなかったなぁ。

また来なきゃ悪いかな

なんて患者さんに思われているとしたら、
その治療院はとても流行らないだろう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー
申込ページ
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-seminer.html

質問募集ページ
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-semi.html
--------------------------------------

ちなみに今までこんな質問が寄せられました。↓

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1)コミュニケーションについて、家族、恋人、お客様、
  受講生や卒業生の方などいろんな方と接すると思います。
  相手との距離についてどのようなスタンスを取られるの
  でしょう?

2)治療家人生において大切にしていること。
  これだけはしないと心に決めていることなどありますか?

3)最後に、これは個人的な興味ですが、
  異性からのモテ度と治療院の売り上げは関係しますか?
  そして2人の女性の好みを教えてください。

治療家に興味があるがまだ始めていないOLです。
このイベントは非常に面白そうで参加してみたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さすが女性からの質問です。
仕事だけではなく、プライベートの大切さを感じているのでしょう。
特に 3)の質問の暁光先生の答えが面白そうです。笑
全部採用です!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
両先生は今やっている両先生の活動によって業界が、
治療家やセラピストが具体的にどのように変わり、
そして業界が変わることによって患者さんが、社会がどのように変わるのか?変わってほしいのか?
という一つの理想像・ゴール・イメージ、お二人の主観を教えていただきたいです。
収益を上げることがもちろんですが、そこではないお二人が何を目指して今の活動をしているのか?
というところの両先生それぞれの根拠を社会的・マクロ的な視点でお話いただけるとありがたいです。
言い換えると「こんなような治療家・治療院・整体院が増えて、
そこに来る患者さん達はこんな人達だったら、いいな。」
そして、もしそうなったら社会がどう変わるのか、という両先生の主観をお聞きしたいということです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とても真面目な質問、ありがとうございます。
真摯に答えることが出来るかどうかは分かりませんが、
真面目にお答えさせていただきます。

 


現在、このような質問が来ております。
「俺は、私は、こんなことを聞きたい」と思う方は、
気軽にご質問いただきたいです。↓↓↓

--------------------------------------
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー
★★★  質問募集!  ★★★
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-semi.html

治療家エピソード×2  対談セミナー 申込はこちら
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-seminer.html

対談セミナー 申込み始まります。

こんにちは、ETC鈴木です。
11月7日の対談セミナーの申し込みを始めます。

鈴木直人と鈴木暁光先生との対談で、
学ぶものは人それぞれです。

新しいセミナーなので、参加費が安くなっています。
二人の講師でこの値段は破格です!
対談等の詳しいことはこちらからどうぞ ↓ ↓

11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー申込開始
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-seminer.html
--------------------------------------


質問もまだ募集しておりますので、ご質問をされたい方はどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月7日 治療家エピソード×2  対談セミナー
★★★  質問募集!  ★★★
http://www.etc-karada.com/seminar/20th-semi.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントありがとう!
月別表示
ぷろふぃーる
 鈴木 直人
  来てくれて ありがとう。

   ■プロフィール■

  ●勉強したもの&しているもの
カイロプラクティック
  ガンステッド
  ディバーシファイド
  ピアーズ
  アプライドキネイオロジー
  トムソン
オステオパシー
関節モビリゼーション
DSIS (Dynamic Shoe Insole System)
PNF (Proprioceptive 
     Neuromuscular Facilitation)
NLP (Neuro Linguistic Programming)

  ●マイブーム
顎関節の治療
ホメオパシー
ストレスマネージメント
NLP
人間観察
生き方上手になること

  ●スポーツ暦
トライアスロン
合気道
空手
柔術
テニス
渓流釣り
ネイチャースキー
ウォールクライミング

  ●好きな言葉
細く長く。

貧乏は恥ではない、
  しかし名誉なことでもない。

生き残るものは・・・
強いものではなく、賢いものでもなく、
唯一変われる者だけだ。

自分が変われば周りが変わり、そして世界が変わる。

正しいことほど普及して欲しい。
だから受け入れやすく伝えるのだ。

Know nothing state
おすすめ本
おすすめ本
おすすめ本
Amazonライブリンク
当サイト著者 鈴木直人の著書
おすすめ!解剖学
筋肉が透けた状態で骨が見えるので、解剖学所として便利です
鈴木が一番好きな本。治療家には必見の本です。
治療家ならコレぐらいは持ってタイ本
  • ライブドアブログ