繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣

整体・鍼灸・カイロプラクティック・柔整・セラピー従事者のための治療院経営情報サイト。整体・カイロプラクティック・オステオパシーを駆使しながら、ゲシュタルト療法・フォーカシング・プロセスワーク等心理療法を使い、治療院の経営法・マーケティングにも明るい鈴木直人が語るブログです

2010年07月

理論と感覚の両輪

こんにちは、ETCの鈴木です。
突然ですが…


なんだか分からないけど結果が出てしまう。


実はこれが一番怖いのです。
なぜなら、結果が出なくなったときに
どう対処したらいいのかが分からないからです。


・何だか分からないけど治った。
・何だか分からないけどリピートしてくれる。
・何だか分からないけど儲かってる。


何だか分からないけど…


「結果の再現性」を確実に行いたいのならば、
あなたは徹底的に理論をつかむ必要があります。

なぜなら、感覚は不安定だからです。


何となくこういう治療をした。
何となくこんな言葉が出てきた。
何となくチラシが当たった。


治療業界は感覚が重要です。しかし残念ながら感覚は不安定です。

あなたが体調を崩せば、あなたの感覚は乱れます。
あなたが落ち込んでいたり、怒っていたら、
あなたの感覚は乱れます。


感覚とはなんと不安定なものか?


もちろん、感覚を安定させる修行も必要ですが、
感覚に頼らない、「理論」の確率も重要です。


ETC鈴木の場合…

治療ならば、解剖学と治療原則が理論にあたります。
経営ならば、基礎的な経営学が理論にあたります。
コミュニケーションならば、●●と▼▽が理論にあたります。

この●●と▼▽は今週の大阪のセミナーでお伝えいたします。

 

さて、今週の日曜は大阪で患者コミュニケーションセミナーです。
このセミナーでは、
患者さんとのコミュニケーションの理論も学べますので、
あなたの機嫌が悪い時でも、
あなたの体調が悪い時でも、
リピート率が上がります。

ご興味ある方は期日が迫っていますので、今すぐお申し込みください。↓


患者コミュニケーションセミナー(8/1) in大阪
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-semi.html

連日開催 ETCグループコンサルティングin大阪(8/2)
http://www.etc-karada.com/seminar/19th-semi.html

 

●話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況時の治療院経営に必要な12の知識
http://www.etc-karada.com/fukyouji_tishiki.html
不況の時には
不況に適応した経営をしなければならない!
ETCでTOPクラスの売上を誇る人気教材。
------------------------------------------------

■ ETC鈴木のtwiter  たまに激辛発言しています。^^;
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ 
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

暗黙知の世界へ

こんにちは、ETCの鈴木です。
久々の連日投稿です。


ハンガリーの哲学者、マイケル・ポランニーは、
「暗黙知」という言葉を作ったことで有名です。


暗黙知


簡単言うと、字の通り、暗黙に知っているということです。


つまり、言葉にしなくて分かっているということです。

例えば、あなたが歩いているとします。
歩くことはたくさんの筋肉、関節、神経などを使っています。
しかし、あなたはそれをいちいち意識しなくても、
あなたの体は暗黙の了解ごとくスムースに動いてくれます。

これは、あなたの意志と体の中で、歩くという行動が暗黙知とされているのです。


突然話は変わります。
鈴木の子供はもうすぐ3歳ですが、
犬をなでるのに、たどたどしい手つきです。
鈴木の家は動物を飼っていないので、
鈴木の子供は、なでるという動作を日常でしていません。

そのため、実家の犬をなでる時に、
まるで、叩いているのかなでているのか分からない手つきです。笑

つまり、なでるという動作が暗黙知されていないのです。


大人ならば、歩くのや犬をなでるのに大変さを感じないように、
暗黙知の世界に入れば大変さは感じません。


これは治療も同じですよね。
教わったばかりの技術はたどたどしいですが、
何回も練習し自分のものとなれば、特に意識することなくスムースに出来ます。
あまり疲れることもありません。


実は暗黙知は人間関係も同じです。
長い付き合いですと、どんなことを考えているか、
または、何を言うとどんな気持ちになるのかなど、
何となく理解しています。
相手の考えていることを暗黙知しているのです。

日本はこの暗黙知という世界が好きです。


「言わずもがな」
「言わでもの」
という言葉もあります。


「みなまで申すな」
なんてセリフも時代劇で使われたりします。

このセリフの後に袖の下などがスッて出てきたりします。笑

 

自分のことも相手は分かっているし、
相手のことも自分は分かっている。
この暗黙知の世界は、コミュニケーションにおいてもとても楽です。


しかし、暗黙知の世界の前にはどうしても「言語知」の世界が必要です。
子供のころからの付き合いでもない限り、
人とのコミュニケーションにおいて暗黙知などは難しいでしょう。


そのために、言葉というものがあり、
その言葉を言いつくした後に暗黙知があるのです。


以前のメルマガにも下記にある
ヴィトゲン・シュタインの言葉をお伝えしました。


言葉で語りつくした時に、
言葉で語れないものが初めて得られる


つまり、言語をたくさん使ってコミュニケーションをしつくした後に
暗黙知という人間関係が出来上がるのです。


患者さんとの関係も同じです。
きっちりと言語で話す。
相手の言葉も聞き、
そして、こちらもそれに合わせて言葉で話す。


この繰り返しを初期の段階で行えば、
患者さんから信頼を得られ、
その後は暗黙知の関係となることもあります。


「あの先生だから安心して体を預けられる」


このような全体的な信頼感を暗黙知で感じた時、
患者さんはお金を払うことへの抵抗感がなくなります。

他の出費を抑えてまで、あなたの治療院にきちんと通うことになるのですね。


患者コミュニケーションセミナー(8/1) in大阪
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-semi.html

連日開催 ETCグループコンサルティングin大阪(8/2)
http://www.etc-karada.com/seminar/19th-semi.html

 

●話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況時の治療院経営に必要な12の知識
http://www.etc-karada.com/fukyouji_tishiki.html
不況の時には
不況に適応した経営をしなければならない!
ETCでTOPクラスの売上を誇る人気教材。
------------------------------------------------

■ ETC鈴木のtwiter  たまに激辛発言しています。^^;
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ 
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

道具箱の中に道具はいくつある?

<< 【名言】 >>

「道具箱にトンカチしか持っていなければ、問題は全て釘に見える」

 

こんにちは、ETCの鈴木です。
昨日は治療家塾でしたが、
こんな言葉を思い出す参加者がいました。


極端なことを言えば…
骨盤の治し方しか知らなければ、
患者さんの症状の原因は、全て骨盤に見えてしまう…。


なんでも仙腸関節のせいにするカイロプラクターが昔いましたよね。笑


確かに仙腸関節は重要ですが、
これしか知らなければ、問題は全て仙腸関節に見えるということです。

トンカチは重要です。トンカチがなければ釘は打てません。
しかし、トンカチでは木を切ったり、木の表面を削ったり、
ねじを回したりすることはできません。
しかし、トンカチしかないので、強引にトンカチで治そうとする。
危ないです…笑 (笑いごとではないですが)

ですから、道具箱にはたくさんの道具を揃えておく必要があります。

実際に治療技術的には、道具をたくさん揃えようと
努力している人は多いですよね。

しかし…


コミュニケーションにおいてはどうでしょう?

 

もしあなたが、従順な患者さんとのコミュニケーションがうまくいく場合、
それは従順な患者さんとのコミュニケーションがうまくいく「道具」をあなたがお持ちなのです。


しかし、あなたは…
来院時にすでに怒っている人とのコミュニケーションはうまく出来ますか?
話の長い人とのコミュニケーションはどうでしょうか?
質問がやたらと多い人とのコミュニケーションはいかがですか?
次の患者さんに迷惑がかからないように対処出来ますか?

また、全く人の話に関心を示さないような患者さんへの対処でうまくできていますか?


実はコミュニケーションの道具箱にも、たくさんの道具が必要なのです。
すると、どんな人とでもコミュニケーションをスムースに取ることが出来るのです。


あなたのコミュニケーションの道具箱には、
十分の道具が入っていました?


コミュニケーションの道具箱が十分でない方はこちらをご参照ください↓

患者コミュニケーションセミナー(8/1) in大阪
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-semi.html

 

 

経営全体の道具箱の中身を増やしたいかたは大阪グルコンをどうぞ。
ETC鈴木が直接あなたの悩みを聞き、
あなたに必要な道具をお教えします。↓

連日開催 ETCグループコンサルティングin大阪(8/2)
http://www.etc-karada.com/seminar/19th-semi.html

 

 

● 話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インターネット戦略セミナー
http://www.etc-karada.com/13thsemirepo.html
これからの時代、インターネットを抜きにして成功はありえない。
ホームページを駆使すれば、患者さんも簡単に増やせる。
------------------------------------------------

■ ETC鈴木のtwiter  たまに激辛発言しています。^^;
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ 
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

ハイからローテンションへ

こんにちは、ETCの鈴木です。

突然ですが、先日、iTunesで
つい、アラベスクの曲を買ってしまいました。
アラベスクと言えばノーランズもだろと思い、買ってしまった。


知っている人ならすぐに頭に浮かぶ、このアラベスクとノーランズの曲。

ちなみに、知らない人のために…
アラベスクやノーランズとは、アップテンポでハイテンションな曲が多い女性グループのことです。
正確には分かりませんが、確か70年代後半辺りだったかな??


あの頃は時代がハイテンションでした。
だから、何でもハイテンションな物が好まれました。


ちなみに同じぐらいにエアロビクスがアメリカで誕生しました。
日本に入ってきたのは80年代初頭だと思います。
また、当時流行った映画にフラッシュダンスがありましたね。

 

その頃は、スポーツクラブで人気のレッスンと言えばエアロビクスでした。
ハイレグのレオタードを来た女性がたくさん踊っていたのです。

ところが、そのスポーツクラブも
今では人気レッスンと言えばヨガやバレーです。
エアロビクスは、今ではなかなか人が集まりません。


80年代は日本もバブル景気で、みんなが浮かれていました。
だから、ハイテンションな物が好まれたのです。

エアロビクスやディスコ(今ではクラブ)、
流行った曲もアップテンポでハイテンションな物が多かったですね。

日本中、物質的豊かさを追い求め、ブランド物は売れまくり、
果ては、アメリカのシンボル的存在だったコロンビア映画を
ソニーが買収するほど日本はハイテンションの時代でした。


あれから30年。
時代は変わりました。

今では、スポーツクラブにはヨガやバレーの人気があり、
ハイテンションなエアロビクスは影をひそめています。
マクロビオティックがアメリカから逆輸入されて注目を浴び、
歌やドラマも、しっとりとしたものが流行っていると聞いています。

あまりイケイケだと、若者は少しひいてしまうこともあるそうです。


時代は明らかにハイテンションではなくローテンション。
五木寛之さんも「躁(そう)の時代から鬱(ウツ)の時代へ」と言っております。

つまり、ハードではなくソフトの部分に
焦点を当てる人が多くなってきたということです。

今の時代、ハード、つまり、物質的豊かさを求める人は少なくなり、
ソフト(心のつながり、精神的に豊かさ)を求めるようになったのです。

そのため、我々のような「人間と接する仕事」をする仕事人たちは、
人の心を考えられるようにならなければなりません。

そうでないと、人に満足させられるコミュニケーションが取れないことになります。

昔なら、店員が少しぐらい気に入らなくても
物が欲しいためにその店から買っていました。

しかし、今の時代はローテンションの時代、ウツの時代です。
心が満たされなければ、物は買ってくれません。


今更言うほどのことでもないですが、これからの時代、
だからコミュニケーションの能力が非常に大切になってくるのです。

それは、あなたが思っているよりも早く、そして広範囲に
あなたの近くに訪れています。


患者さんにかける一言が悪かったばっかりに、リピートしてもらえなかったり、
患者さんとのコミュニケーションがうまくいかなかったばっかりにクレームになったり…。


現代の患者さんたちを相手に、
コミュニケーション能力が低いままでは、
治療院に通い続けてもらえないのですね。


さぁ、あなたも繁盛する治療院を持ちたいならば、
コミュニケーション能力を高めることに
時間もお金も労力も使いましょう。


コミュニケーションに自信がない方はご参考にして下さい。
↓  ↓  ↓

患者コミュニケーションセミナー(8/1) in大阪
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-semi.html


■■ グルコンの参加者にお知らせです。 ■■
前回の東京グルコンでもそうでしたが、
参加者の全員が了承いただければ録音OKになります。
そのため、一応、録音されたい方は録音機をご持参下さい。
鈴木も持参しますが、うまくとれない場合があります。

連日開催 ETCグループコンサルティングin大阪(8/2)
http://www.etc-karada.com/seminar/19th-semi.html

 

 

● 話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インターネット戦略セミナー
http://www.etc-karada.com/13thsemirepo.html
これからの時代、インターネットを抜きにして成功はありえない。
ホームページを駆使すれば、患者さんも簡単に増やせる。
------------------------------------------------

■ ETC鈴木のtwiter  たまに激辛発言しています。^^;
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ 
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

でも… という患者さんには

こんにちは、ETCの鈴木です。
あなたは、患者さんにアドバイスとかは行っているでしょうか?

ETCのブログをご覧になっているあなたなら、
そんなことぐらいはもう行っていると思います。


そんな、きちんとアドバイスをしている先生方を
困らせる患者さんが時折います。

 

それは、何かアドバイスをするたびに…


「でも…」

「でも…」

「でも…」

 

と、言いだす患者さんです。


先日、こんな患者さんがいるんだけど…と、
ある先生に相談された患者さんはこんな会話になるそうです。

↓ ↓ ↓


先生  「●△さんは体操をした方がいいですよ」

患者さん 「でも、やり方が分からないんです」

先生  「こういう体操をするといいですよ。こうやって、こうやって、こうです」

患者さん 「でも、やる時間がないんです」

先生  「寝る前の2分ぐらいの時間はありますよね」

患者さん 「でも…やる気が起こらないんです」

 

こちらのアドバイスに 「でも」 という言葉で返してくる患者さん。

あなたはこんな患者さんにはどのように対応しますか?


このような人は、他人から 「でもでも星人」 と言われたり、
「デモ鹿」 (でもしか…でも、しかしという言葉を良く使うので)
と呼ばれたりします。笑


誰でもこのような患者さんと会話をしているとイライラしてくるものです。

「いいからやればいいんだよ」と、怒鳴りたくなることもあるでしょう。笑

鈴木もコミュニケーション能力が未熟の時はそうでした。^^


また、

「どんな人にも悪い人はいない」
「この人だって症状で困ってるんだから…」

と、無理に前向きに考えれば考えるほど
あなたのストレスは大きくなります。

 

実は、でもでも星人に限らず、あなたが「いやだな」と思う患者さんで、
あなたのコミュニケーション能力のレベルを測れます。

実は、あなたが「何となくいやだな」と思う患者さんが多ければ多いほど、
あなたのコミュニケーション能力は低いことになります。


つまり、無理に前向きに考えるのではなく、
あなたが今以上にコミュニケーション能力を上げることで
これは全て解決できるのです。

そうすれば、仕事は今以上に楽しくなります。
もちろん、患者さんに無理をせずに優しく出来るようにもなれる。

コミュニケーション能力を上げると、
患者さんの気持ちもくみ取れるようになりますので、
多くの患者さんは「この先生しかいない」とあなたのファンになります。

すると、治療院は無理せずに自然と繁盛するのですね。

 

8月1日の患者コミュニケーションセミナーでは、
患者さんがあなたのファンになってしまう
コミュニケーション方法をたくさんお教えします。

しかも、ただ教えるだけでは身に付かない方もいますので、
実際にどのように話すかなどのシミュレーションも行いますので、
セミナーが終わるころには、あなたのコミュニケーション能力は
飛躍的に上がっているでしょう。


患者コミュニケーションセミナー(8/1) in大阪
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-semi.html

連日開催 ETCグループコンサルティングin大阪(8/2)
http://www.etc-karada.com/seminar/19th-semi.html

 

● 話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インターネット戦略セミナー
http://www.etc-karada.com/13thsemirepo.html
これからの時代、インターネットを抜きにして成功はありえない。
ホームページを駆使すれば、患者さんも簡単に増やせる。
------------------------------------------------

■ ETC鈴木のtwiter  たまに激辛発言しています。^^;
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ 
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html
このページの下部です

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

成功している治療家とは…?

こんにちは、ETCの鈴木です。
突然ですが、あなたはヴィトゲン・シュタインという人を知っているでしょうか?

オーストリアの言語哲学者ですが、
彼は著書の論理哲学論考で下記のように言っています。

 

言葉で語りつくした時に、
言葉で語れないものが初めて得られる

 

つまり、
自分が知っている事の全てを言語化出来ると、
言語化できないことまでもが得られるということです。

 

我々の業界でいえば、

患者さんにちゃんと説明できること。
同業者にきちんと説明が出来ること。
すると、言葉では語れない何かが得られる。


我々技術職は、この…

「言葉で語れない何か」

を持っていないと、治療家として成功は決してできないだろう。


「言葉で語れない何か」とは、
治療の技術的なこともあれば
患者さんのタイプの見分け方や
患者さんの本当の悪いところや
その患者さんが何を望んでいるのか など、
人から見れば「なんで分かったんですか」というような能力のことです。


人が分からないことが分かる。


これは治療家のみならず、
仕事として成功するのに絶対的に必要なことだろう。

 

いつも言っておりますが、
患者さんはもとより、色々な方への
「分からないならいいよ」や
「面倒くさいな〜」などの投げやりな思いは、
言葉で語りつくそうとする努力を怠っていることになります。


さぁ、あなたも患者さんへ説明など
言葉で語りつくす努力をしてみませんか?


この努力を怠らなければ、
治療家として「言葉では語れない何か」を得られるでしょう。


ちなみに、言語化がうまくなると、
将来セミナーなどもできる能力が付いてきますよ。

年をとった時の稼ぎ方も今のうちから身に付けたいものですよね。
50歳過ぎて、月間200人の患者さんを治療するのは大変ですもんね。

 

8月1日に行われる
患者コミュニケーションセミナーでは、
どのように患者さんに説明すれば
患者さんが納得いくのか、

そして、そのためにやっておかなければならないこと
などを細かく伝授いたします。


患者コミュニケーションセミナー(8/1) in大阪
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-semi.html

連日開催 ETCグループコンサルティングin大阪(8/2)
http://www.etc-karada.com/seminar/19th-semi.html

 

● 話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インターネット戦略セミナー
http://www.etc-karada.com/13thsemirepo.html
これからの時代、インターネットを抜きにして成功はありえない。
ホームページを駆使すれば、患者さんも簡単に増やせる。
------------------------------------------------

■ ETC鈴木のtwiter 変なことつぶやいてます^^
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ 
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html
このページの下部です

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

伸びる治療院の共通点

こんにちは、ETCの鈴木です。
今回は経営の超基本的なことをお伝えします。


それは…
「何をやるにでもリスクはゼロにはならないということです」


このことを本当の意味で理解している人は結構少ないです。

経営上、リスクは低くする努力を行うのは当然である。
鈴木も常にリスクを低く抑えることを考えています。


しかし、ゼロになるまでリスクを低くしようとするのは無理である。

ETCが発足したころは、
「入会して繁盛しなかったら責任とってくれるんですか?」
などと馬鹿げた質問をする人がいた。


この方たちの行為は、リスクを限りなく少なくしようとしているので、
経営者として当たり前。

しかし、リスクをゼロにしようとしている事で
経営者としての「のりしろ」は限りなく少ない。

つまり、残念ながらもう伸びない人たちなのです。


電話コンサルである先生が
「リースを組みたいんだけど、5年もあるから怖い。リースを組んでも大丈夫か?」
という質問をされました。

鈴木はその先生に
「5年後もこの仕事やってますよね?」
と逆に質問しました。


5年間のリースは、確かに最初はビビります。

しかし今の仕事で使うものであれば…
5年後もこの仕事をやっているのならば、
そのリースの物は使っている可能性が高いでしょう。

(新しく始める仕事の場合はよく検討を…
例えば美容機器やその他の新規サービスで使うリースなど)


例えば、ホームページの作成などはリース契約が多いです。
鈴木のところもホームページをリース契約している会社があります。
今では、優秀なweb担当のスタッフがおりますので、
全然使っておりません。

まだリース契約期間も残っています。しかし、勿体ないとは思っていません。


それは、web担当を採用したことで、
そのリース料以上に収益が出るようになっているからです。


また、つい最近では
会員の先生がリース契約しているホームページ制作会社の倒産疑惑がありました。
びっくりして、ETCでも少しバックアップ出来ないか色々と動いたくらいです。


では、この先生はホームページを作らなかった方がよかったのでしょうか?

そんなことはありません。
この先生もホームページで十分に収益を出されている先生です。


このように経営上、リスクは常に付き物です。
しかし、リスクにビビって投資をしなければ、新たな収益は出ません。


そこそこ人口がいる場所で治療院を開業している先生でも
リスクが怖くて未だにホームページを制作していない先生も少なくありません。
今、そのような先生は新患さんの獲得に苦労をしている先生が多いです。

新患さんを多くしたいという相談もよく受けますが、
「ホームページを作ることが一番の対策です」といっても
なかなか動こうとしません。


セミナーでも教材でも
お金を投資しなければ収益は大きくなりません。

お金を投資しなくても収益がある仕事は、
みんながやり始めるので、差別化できません。
そのため、近いうちに仕事には出来なくなります。

我々の業界でいえば、単なる肩こりや腰痛、
そして「気持ちいい」などで売っている治療院が仕事をなくしています。


伸びる治療院経営者の共通点は、
リスクを限りなくゼロにしようとしていますが、本当にゼロにしようとは思っていません。
そして失敗することもあります。

しかし伸びる治療家は、経営はトライアンドエラーだということも知っています。

その失敗から多くを学ぶので、それがいつしか失敗でなくなることも知っています。


リスクは低くする努力を怠ってはいけませんが、
リスクをゼロにしようとする努力は
この先、何もしないことを意味します。


さぁ、あなたもリスクを取る勇気を持ちましょう。

 

なぜなら、あなたは経営者だから。


そう、経営者なのです。

 


追伸 

ちょっと宣伝です。
鈴木の治療院では、ホームページからの新患さんが
全新患さんの80%を超えております。
ホームページがない先生、
もしくはホームページから満足に新患さんが得られない先生、

ETCでは、リース契約ではなく
レンタル方式でホームページ作成しますので、
5年たたなくて止められます。
(ホームページから新患さんを得られるのでやめようとは思わないでしょうが…笑)

詳しくお知りになりたい方は下記をご覧ください↓

ETCホームページ作成サービス
http://www.etc-karada.com/internet.html

 

 

患者コミュニケーションセミナー(8/1) in大阪
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-semi.html

連日開催 ETCグループコンサルティングin大阪(8/2)
http://www.etc-karada.com/seminar/19th-semi.html

 

● 話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
インターネット戦略セミナー
http://www.etc-karada.com/13thsemirepo.html
これからの時代、インターネットを抜きにして成功はありえない。
ホームページを駆使すれば、患者さんも簡単に増やせる。
------------------------------------------------

■ ETC鈴木のtwiter 変なことつぶやいてます^^
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ 
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

がんばる人の落とし穴

こんにちは、ETCの鈴木です。
うちは原則社員しか採用しません。
しかし現在、一人治療家の研修生としてアルバイトを採用しています。

そのスタッフは、ヨガのインストラクターとしても仕事をしているため、
フル勤務が出来ませんが、将来を見込んでアルバイトとして採用しています。


そのアルバイトが、どうしても出勤時間がぎりぎりになってしまう曜日があります。
理由を聞くと誰もが納得しそうなことである。
もちろん、このアルバイトはがんばり屋で真面目です。
(そうでなければうちでは採用されませんが)


ここで多くの方は、
出勤時間を少し遅く設定しようとするだろう。

しかし、簡単には決めてはいけない。


特にもっともらしい意見の時ほど…
そして真面目でがんばり屋の人の理由ほど…

簡単に受け入れてはいけない。


なぜなら、人にはがんばりやすいところと
がんばりにくいところがあるからです。

実はがんばり屋ほど、この差は出やすいのです。


理由を聞き、その話を分解してみると、
当院の出勤する時間の前に行っている、
ヨガのレッスンの終了の仕方に問題があることが分かった。


簡単に言うと…
ヨガのレッスンが終わっても、情や使命感から
生徒さん達と長時間おしゃべりしている時間が長いのである。


もしそのスタッフが、そのままの意識で治療家としてデビューをしたら、
間違いなくダラダラと時間をかけて施術することになる。
そして患者さんの話に流されて次の患者さんを待たせることになることが明白である。


つまり、ヨガの生徒さんと長々と話してしまうため、
単線の電車に乗り遅れてしまわないように駅までがんばってダッシュしている。
おそらく、電車の中でがんばって昼食を済ませてきているのだろう。


しかし残念ながら、がんばるのはそこではない。


ヨガのレッスンが終わってから、
いかに生徒さんに不満を感じさせずに、早く仕事を切り上げることを
がんばらなければならないのだ。


レッスンが終わったら、
「生徒さん達と長時間おしゃべりしなければならない」という思い込みと、
がんばりやすところしかがんばらないという
がんばり屋の落とし穴にはまっていたのである。


これは治療家も同じ。

長々と一生懸命治療をする、ということだけにがんばるのではなく、
短時間の治療でも患者さんが満足する施術。
長々と話す患者さんに不満を持たせずに話を終わらせる方法を
習得するのにがんばらないといけないのである。


いつも言っていますが、
やりたくないことをやっていくのが成長であり、
やりたい事だけをやっていても、
成長している気分にはなれるが、
実はあまりレベルが上がっていないことに本人は気付かないものである。


鈴木も気を付けなければ…

話の長い患者さんにどう対応したらいいかもお教えします。
↓  ↓  ↓
患者コミュニケーションセミナー(8/1)
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-semi.html

連日開催 ETCグループコンサルティングin大阪(8/2)
http://www.etc-karada.com/seminar/19th-semi.html

 

●話題の教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
値上げ戦略セミナー&会計経理セミナーDVD
http://www.etc-karada.com/neage.htm
これを見て保険から自費に変更された方がいます。
今では97%が自費診療です。
------------------------------------------------

■ ETC鈴木のtwiter
http://twitter.com/suzukinaoto
------------------------------------------------

ETC治療家戦略研究会 教材ラインナップ 
■「患者を増やす7つの法則」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#01
■「患者を増やす人、減らす人。」
http://www.etc-karada.com/nyumon.html#02
■口コミ患者増殖法
■なぜあなたは、治療家として成功できないのか?
http://www.etc-karada.com/nyumon.html
このページの下部です

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ETC治療家戦略研究会
http://www.etc-karada.com/
繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣
http://etc.livedoor.biz/
自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
http://www.jiritunavi.com/
著書:うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

不揃いな数字たちのブランド

こんにちは、ETCの鈴木です。
湘南地域は、夏は道路が混むので、
車で来る患者さんが予約時間に遅れがちになります。
どうしようかと思案中。


更に2年後には線路を挟んだところにショッピングモールが出来る予定。
なおさら道が混む…。苦
道路の反対側に駐車場を借りてしまおうかな…。

 

ところで日経MJに掲載されていましたが、
今、県境マニアが増えているみたいです。

土地に人が境目を付け、両側に名前を付ける。 
それが県だと県境に、国だと国境になります。

何の変哲もない土地に線を一本引いただけでそこに意味が生まれます。

意味が付くと価値が出てきます。
だから行きたがる人が出てくるのです。

そういえば人は777とか555とかのぞろ目を縁起がいいと言いますが、
777のぞろ目も325とか721などの不揃いな数字も
確率は全部1000分の1です。


意味があれば縁起がいいと呼び、
意味がなければ目もくれない。

 


人の目に留まらない。 だから繁盛しない。

そんな治療院が多いです。
つまり、繁盛していない治療院は、
数字が不揃いな意味がない治療院が多い。


数字は持って生まれたもの。
あなたが777とか555とかで生まれてこなかったら、
不揃いな数字として生きていくしかありません。

つまり、特別な才能がない中で生きていくしかないという意味です。


特別な才能がないので、他人はあなたに意味を付けてくれません。
だから自分で自分に意味を付けるしかありません。
でないと他人の目に留まらない。

あなたが他人の目に留まらないということは、
あなたの治療院も他人の目に留まらないということになります。


これがブランディングです。


重要なのでもう一度言います。


ブランディングとは意味付けでしかありません。


グッチもカルチェもただの意味付けです。


不揃いな数字は、意味付けしなければ生き残れません。

 

さて、あなたはどんな意味を自分自身に付けますか?


先日、お伝えした患者コミュニケーションセミナーの次の日には、
深〜い経営の話を、そして人生の話を
少人数でみっちり話せるグループコンサルティングがあります。

実はその人の人生のテーマが、その人の経営のテーマであることも多い。


1回目は4年前に行い満員御礼でした。
2回目は今年6月に行い、話は経営全般に広がりつつ、
更に深く突き進むという事態になり、
題材が決められたセミナーにはない展開を見せました。


3回目は今年8月2日、初の大阪で行います。
興味のある方は下記をご覧ください。↓


ETCグループコンサルティングin大阪
http://www.etc-karada.com/seminar/19th-semi.html

前日開催
患者コミュニケーションセミナー
http://www.etc-karada.com/seminar/18th-semi.html

コメントありがとう!
月別表示
ぷろふぃーる
 鈴木 直人
  来てくれて ありがとう。

   ■プロフィール■

  ●勉強したもの&しているもの
カイロプラクティック
  ガンステッド
  ディバーシファイド
  ピアーズ
  アプライドキネイオロジー
  トムソン
オステオパシー
関節モビリゼーション
DSIS (Dynamic Shoe Insole System)
PNF (Proprioceptive 
     Neuromuscular Facilitation)
NLP (Neuro Linguistic Programming)

  ●マイブーム
顎関節の治療
ホメオパシー
ストレスマネージメント
NLP
人間観察
生き方上手になること

  ●スポーツ暦
トライアスロン
合気道
空手
柔術
テニス
渓流釣り
ネイチャースキー
ウォールクライミング

  ●好きな言葉
細く長く。

貧乏は恥ではない、
  しかし名誉なことでもない。

生き残るものは・・・
強いものではなく、賢いものでもなく、
唯一変われる者だけだ。

自分が変われば周りが変わり、そして世界が変わる。

正しいことほど普及して欲しい。
だから受け入れやすく伝えるのだ。

Know nothing state
おすすめ本
おすすめ本
おすすめ本
Amazonライブリンク
当サイト著者 鈴木直人の著書
おすすめ!解剖学
筋肉が透けた状態で骨が見えるので、解剖学所として便利です
鈴木が一番好きな本。治療家には必見の本です。
治療家ならコレぐらいは持ってタイ本
  • ライブドアブログ