繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣

整体・鍼灸・カイロプラクティック・柔整・セラピー従事者のための治療院経営情報サイト。整体・カイロプラクティック・オステオパシーを駆使しながら、ゲシュタルト療法・フォーカシング・プロセスワーク等心理療法を使い、治療院の経営法・マーケティングにも明るい鈴木直人が語るブログです

2009年08月

自由は不自由の中に…

こんにちは、ETCの鈴木です。
前回は、自由の人とその自由を支える人のことをお伝えしました。

その続きです。


今回は結論から先にお伝えします。


「自由とは不自由さの中にあります」


自由を謳歌する人と、それを支える人とを比べた場合、
自由を謳歌うする人の方が、
それを支える人よりもかなり自由です。


でも将来も同じだとは限りません。
というより、将来はこれが逆転します。


自由を謳歌している限り、そこに成長はありません。
そして自由を支えている不自由な人は、確実に成長します。
この差はものすごく大きいのです。


例えば、現在の鈴木は多くの治療家の中でもかなり不自由です。
スケジュールは詰まっているし、スタッフも大勢いますので
教育したり、ミーティングをしたりと忙しいです。
ですから自由ではありません。
もう既にこの状態を8年ぐらい続けています。


しかし、逆から見ると多くの治療家よりも鈴木はかなり自由とも言えます。
多くの治療家の方よりもお金が自由に使えます。
先日も30万円のセミナーに申込みました。
昨日、5万円の教材が届きました。
調整をすれば、時間もかなり自分の自由に使えます。
売上を確保するために、出たいセミナーに出られないなんてことはありません。
鈴木がいなくても治療院は回っています。
ですから、鈴木は自由です。


結局、自由は不自由さの中にしかないのです。
いかに自分を不自由にするか重要です。
すると自由が手に入るのです。

 

さて、前回のことと今回のことを合わせると…

人を雇うということは、不自由さを感じることになりますが、
それは同時に、自由を手に入れる手段ともなります。


まさにマネージメントとはこういうものです。

多くの経営者は、人を雇うことで思い悩み苦しむことが多くなります。
そのため、ものすごく不自由に感じることになります。

しかし向上心のある経営者は、その苦しみを解決しようと考えます。
本を読んだり、人に相談したり、セミナーに参加したりします。
こうすることで、、人としての器が大きくなり、能力が上がることになります。

すると、不自由だった状態は、自由な状態となり、
この自由は、以前の自由より自由になっているのです。


「自由は不自由さの中にある」

これは鈴木が大事にしている言葉の一つです。

 

●治療院のための
院長がいなくとも問題のない治療院のマネージメント
- - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - -
治療院のためのマネージメントセミナー
日時:8月30日(日)
場所:東京都品川区 きゅりあん(いつもの場所)
詳しくはこちら↓
プロモーションビデオあり
http://www.etc-karada.com/14th-semi.htm

 


●新教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況でも繁盛する治療院の5つの秘訣
http://www.etc-karada.com/fukyouji_hiketu.html

自由を謳歌する人・それを支える人

こんにちは、ETCの鈴木です。
あなたは「自由でありたい」と思うことがあるでしょうか?
多くの方は思うと思います。


人間は、生きていると色々と制約があったりするので、
自由への憧れはいつの時代もあるものです。


しかし、あなたが自由である時には、
それを支えている人たちが必ずいます。

例えば、現代は昔よりは移動することに対して自由度が大きくなりました。
昔、人間は徒歩でしか移動できませんでした。
そのため、一日に移動できる距離は1日で30キロ〜40キロ程度でしょう。
しかし、自転車なら同じ距離を1時間から2時間もあれば移動できます。
電車なら20分ぐらいでしょう。

現在、私たちはこれだけ移動に対して自由になりました。
しかし、この自由は誰かがそれを支えていることで成り立ちます。

自転車を作る人がいるから、自転車で移動することできます。
電車を作る人、運転する人、管理する人がいるから電車に乗れます。

 

「自由とは、支えてくれる人がいて成り立つものなのです。」

 

重要なことはどちらの側になるかということです。
自由でいられる方になるのか
それとも支える側に回るのか?

もちろん状況により違いますが、
鈴木は支える側になりたいと思っています。


実は人を雇うということは、支える側に回ることを意味します。
つまり、スタッフの自由を支えることになるのです。


これを理解していないと、マネージメントはうまくいきません。
人を雇ったらそれは不自由になるのです。
そして、雇ったスタッフの自由を支える側になるのです。


こう思うと、何だかとっても損するような感じがしませんか?
治療院を一人でやっていれば自分の自由になります。
その自由を手放したくないので、多くの方は一人で治療院を経営しています。


でもちょっと考えてみてください。
自由の人と自由を支える人と、
どちらが成熟した大人といえるでしょう。

子供は大人よりも自由です。
そして子供の自由を支えているのは大人たちです。


人は子供のままではいられません。
いつか大人にならなければなりません。
何故なら、子供のままでいると、社会に適応できないからです。
余談ですが、現在、そのような子供のような大人たちが
ストレスを抱えてうつ病になっています。

大人になっていれば患わなかった病です。

 

さて、こんなことを考えていると、
自由を謳歌する人と、
その自由を支える人とではどちらが成熟した大人なのか理解できると思います。

そして、自分の自由を謳歌する経営者と
スタッフの自由を支える経営者と
どちらが優秀な経営者であるか理解できると思います。


鈴木が人を雇って強く感じたことの一つにこのことがあります。

次回へ続く

 

●スタッフ採用・教育・マネージメント・解雇のやり方など、
鈴木の治療院の方法を全て公開! ↓↓
- - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - -
治療院のためのマネージメントセミナー
日時:8月30日(日)
場所:東京都品川区 きゅりあん(いつもの場所)
詳しくはこちら↓
プロモーションビデオあり
http://www.etc-karada.com/14th-semi.htm

 


●新教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況でも繁盛する治療院の5つの秘訣
http://www.etc-karada.com/fukyouji_hiketu.html

ピーターの法則

こんにちは、ETCの鈴木です。
あなたはピーターの法則というのをご存じでしょうか?

会員用のニュースレターで過去に取り上げたことがあるので
会員の方はご存じだと思います。


ピーターの法則とは、
「人は無能なレベルまで出世をする」という法則です。


平社員から係長などに出世し、係長から課長に出世し…。

多くの人は、このような形で出世をします。
しかし、今いるポジションの能力が認められて出世をするのですが、
出世した先のポジションで求められている能力が、
はたしてその人にあるかどうかは未知数です。


結果的には、次々に出世をしていくと、
その人は、能力のないポジションで出世が止まることになります。
これが、無能になるまで出世をするということなのです。


さて、これを我々に当てはめてみると…


「治療院の経営者は、無能なレベルまで治療院を大きくする。」


ということになります。
つまり、その人の能力では、これ以上大きく出来ないというレベルまで、
治療院は大きくなります。
しかし、その大きさは能力がないレベルなので、
いつもトラブルが起こることになります。

やっとスタッフが入ったかと思えば辞めてしまう…
やっとスタッフが3人になったかと思えば、一人辞めてしまう…


このようなことを繰り返す場合は、
まさに無能なレベルまで治療院が大きくなっている状態です。


この対策はたった一つ。
あなたが成長する。

特に、「今までとは違うやり方を身に付ける」というやり方が必要です。


自分のやりたいことを
やりたいようにしている限り、その人に成長はありません。
自分のやりたくないことをあえて行うことで、
あなたの人としての器が広がります。
すると治療院の器も広がります。

器が広がれば、入るものも大きくなります。
つまり、スタッフが増えることになります。


しかし、人はやりたくないことを深く学ぼうとはしないため、
やりたくないことをやろうと思った時に、
どのように対応したらいいのかが分かりません。

以前は鈴木も、マネージメント能力など皆無に等しかったのです。


この場合の対策は二つ。
一つはそのノウハウ(やり方)を学ぶこと。
もう一つはそのスキル(技術)を磨くこと。


8月30日のマネージメントセミナーでは、
鈴木のマネージメントのノウハウを学び、スキルを磨くことが出来ます。

 

●スタッフ採用・教育・マネージメント・解雇のやり方など、
鈴木の治療院の方法を全て公開! ↓↓
- - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - -
治療院のためのマネージメントセミナー
日時:8月30日(日)
場所:東京都品川区 きゅりあん(いつもの場所)
詳しくはこちら↓
プロモーションビデオあり
http://www.etc-karada.com/14th-semi.htm

 


●新教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況でも繁盛する治療院の5つの秘訣
http://www.etc-karada.com/fukyouji_hiketu.html

 

口論が…

こんにちは、ETCの鈴木です。
マネージメントセミナーを一ヶ月後に控えた7月30日、
うちのTOP3と意見の相違がありました。

いやいや、相違なんてものではなく、
かなり激しく口論になった…。笑

 

普通なら、
「マネージメントのセミナーをするのに
自分の治療院のマネージメントが出来てないんじゃないの?」
と思われるので、こんなことを公開しないと思います。

しかし、それは逆です。
実はこれは「良い兆候」なのです。


重要なのでもう一度言います。

 

口論は、組織にとって、とても良い兆候なのです。

 

どうして口論が良い兆候なのかはセミナーでお伝えいたしますが、
ここでは、いくつかあるうちの一つだけをお話しします。


実は意見のぶつかり合いがなければ、
良い仕事なんて出来上がりません。

口論を怖がる理由は一つです。
「相手から嫌われたくない」というだけ。

 

相手に嫌われないようにと仕事を進めると、
仕事の結果ではなく、「嫌われないこと」を優先してしまいます。
つまり、仕事の結果は後回しで、
自分が嫌われないようにする方が優先されてしまいます。

 

公開したマネージメントセミナーのプロモーションビデオでもお伝えしておりますが、
当社では「仕事はお金を払ってくれる人のため」という優先順位があります。


つまり、商品・サービスを良くするためなら、
上司と口論することが当たり前なのです。


口論中は「こいつら分かんらん奴らだな」と思い、
鈴木も少しイライラもしますが、
この後は解決に向かい始めるのは分かっているので、
俯瞰して観察している自分はニコニコしていました。


口論が終わる頃には、もう結果が出たも同じです。
その場ではうまくいかないものも、時間が経てばいい仕事が出来ているでしょう。
おそらく、今回もいい仕事をしてくれるでしょう。

 

触れてはいけないタブーがある中で、良いものなんて出来あがりません。
表面だけ撫でていても、いい仕事なんて出来ません。

ですから口論は非常に大事です。

 


実は先日もある企画があり、数社の方と打ち合わせをしましたが、
そこでも意見のぶつかり合いが起きました。
これもいい兆候だとは思いましたが、ぶつかり度合いがまだ甘い。

やはり他社さんには、気も使うし言葉も選びますからね。
他社さんが絡んでの良い仕事は、まだまだ時間がかかりそうです。

その点、うちのマネージャーには遠慮なく言えるし、
たぶんうちのマネージャーも遠慮なく言っていると思う…。(言い切れないところがちょっと残念)


そして、当社では「こういう人間を評価する」とも宣言しています。

普通なら、院長の言うとおりにすることが評価されていますが、
うちでは違います。
自分の意見をきちっと伝えることが出来るスタッフが評価されます。

 

「おお」と思った方、実はこれをすぐ真似するには危険です。
やはり物事には準備が必要です。
その準備段階を経なければ、口論でも後ろ向きの口論や
ののしり合いになってしまいます。

詳しくはセミナーでお伝えいたしますね。

 

●スタッフ採用・教育・マネージメント・解雇のやり方など、
鈴木の治療院の方法を全て公開! ↓↓
- - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - -
治療院のためのマネージメントセミナー
日時:8月30日(日)
場所:東京都品川区 きゅりあん(いつもの場所)
詳しくはこちら↓
http://www.etc-karada.com/14th-semi.htm

 


●新教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況でも繁盛する治療院の5つの秘訣
http://www.etc-karada.com/fukyouji_hiketu.html

 

プロモーションビデオ

こんにちは、ETCの鈴木です。

マネージメントセミナーのプロモーションビデオが出来ました。


主に鈴木が行っているミーティング風景の映像を使っています。
ご覧いただけるだけでも、患者さんを増やす参考になると思いますので、
ご興味のある方はご覧下さい。

http://www.etc-karada.com/14th-semi.htm


●新教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況でも繁盛する治療院の5つの秘訣
http://www.etc-karada.com/fukyouji_hiketu.html

治療家甲子園!?

こんにちは、ETCの鈴木です。

「治療家甲子園」

この名前を聞いて、あなたは何を想像しますか?


実は私の知り合いが取り組みをしているイベントですが、
2009年11月29日に第一回目が開催される予定です。

どんなイベントなのか知りたくありませんか? 笑
鈴木は「面白いイベントをするな〜」を思いました。

どんなイベントなのかを知りたい方は、下記ホームページをご覧下さい。
http://www.chiryoko.com/

 


●スタッフ採用・教育・マネージメント・解雇のやり方など、
鈴木の治療院の方法を全て公開! ↓↓
- - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - -
治療院のためのマネージメントセミナー
日時:8月30日(日)
場所:東京都品川区 きゅりあん(いつもの場所)
詳しくはこちら↓
http://www.etc-karada.com/14th-semi.htm

 

●新教材
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不況でも繁盛する治療院の5つの秘訣
http://www.etc-karada.com/fukyouji_hiketu.html

コメントありがとう!
月別表示
ぷろふぃーる
 鈴木 直人
  来てくれて ありがとう。

   ■プロフィール■

  ●勉強したもの&しているもの
カイロプラクティック
  ガンステッド
  ディバーシファイド
  ピアーズ
  アプライドキネイオロジー
  トムソン
オステオパシー
関節モビリゼーション
DSIS (Dynamic Shoe Insole System)
PNF (Proprioceptive 
     Neuromuscular Facilitation)
NLP (Neuro Linguistic Programming)

  ●マイブーム
顎関節の治療
ホメオパシー
ストレスマネージメント
NLP
人間観察
生き方上手になること

  ●スポーツ暦
トライアスロン
合気道
空手
柔術
テニス
渓流釣り
ネイチャースキー
ウォールクライミング

  ●好きな言葉
細く長く。

貧乏は恥ではない、
  しかし名誉なことでもない。

生き残るものは・・・
強いものではなく、賢いものでもなく、
唯一変われる者だけだ。

自分が変われば周りが変わり、そして世界が変わる。

正しいことほど普及して欲しい。
だから受け入れやすく伝えるのだ。

Know nothing state
おすすめ本
おすすめ本
おすすめ本
Amazonライブリンク
当サイト著者 鈴木直人の著書
おすすめ!解剖学
筋肉が透けた状態で骨が見えるので、解剖学所として便利です
鈴木が一番好きな本。治療家には必見の本です。
治療家ならコレぐらいは持ってタイ本
  • ライブドアブログ