繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣

整体・鍼灸・カイロプラクティック・柔整・セラピー従事者のための治療院経営情報サイト。整体・カイロプラクティック・オステオパシーを駆使しながら、ゲシュタルト療法・フォーカシング・プロセスワーク等心理療法を使い、治療院の経営法・マーケティングにも明るい鈴木直人が語るブログです

2007年05月

・大きな差

こんにちは、ETCの鈴木です。

 

3年前から、鈴木が何かと調べている題材があります。

心理学の領域ですが、経営とも治療とも非常に関係することです。

本日そのセミナーに行ってきました。

 

ある時期のほんのちょっとの差で、結果的には埋められない大きな差となる。

知っていると知らないとでは大きな差。

 

 

 

開催が決定した次回のETCセミナーも、知っているのと知らないのとでは大きな差となることを題材とします。

セミナー名は「治療院・サロンの戦略セミナー」です。

 

その場のしのぎの経営ではなく、戦略的に考えた経営を行えるセミナーを開催します。まさに、これを知らないと大きな差が付いてしまうようなセミナーです。

 

 

今回はオープンセミナーですので、会員の先生以外の方も参加できます。

 

開催日は81()

時間は10001600

場所は東京都内

 

 

今から今回のセミナーのホームページを作るところです。

ご興味のある方は、今の内から予定を空けておいてくださいね。

 

 

 

更に829()は、グループコンサルティングセミナーを行います。

便宜上、セミナーといっておりますが、これは少人数のグループで行うコンサルティングで、カメラも入らないシークレットなセミナーです。

 

今回はこちらもオープンにしますので、会員でない先生もご参加できます。

コチラも詳しくは後日お知らせいたします。

 

 

「繁盛する治療院経営 と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

・5月の臨床治療家養成塾のご報告

こんにちは、ETCの鈴木です。

昨日は5月の治療家塾の日でした。

 

 

骨盤の矯正を教えようと思ったのですが、流れ的に下肢を中心に行うことになりました。

骨盤も大切なのですが、下肢の状態が整っていないと、短下肢や長下肢などが正確に出ない場合が多いからです。

というわけで昨日は、中殿筋・小殿筋の調整から行いました。

 

 

人間は二足歩行のため、どうしても中殿筋や小殿筋に負担がかかります。

上殿神経などの麻痺によるトレンデレンブルグテスト陽性までは行かないけど、中殿筋や小殿筋の弱化が起こる場合がよくあります。

 

 

特に腰痛が慢性化しているような状態では、中殿筋や小殿筋に負担がかかり短縮しすぎるために弱化を起こす場合があります。

 

このようなときのためのテクニックから教え、

 

その他に

腸脛靭帯

内転筋群

半膜半腱様筋と大腿二等筋

大殿筋

などのテクニックを教えました。

 

 

下肢は体を支える大きな筋肉の塊が多いところです。

筋肉のちょっとした走行性の変位や短縮が、体全体に影響を及ぼします。

 

 

そんなわけで骨盤は来月に行うことになりました。

 

骨盤のモビリゼーションとトムソンテクニックを行います。

トムソンテクニックはトムソンベッドがなくても出来る方法で行います。

 

ご興味のある方はこちらから

臨床治療家養成塾

 

 

 

 

「繁盛する治療院経営 と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

・力は一点集中

こんにちは、ETCの鈴木です。

日曜日の日経新聞に「全日空、投資最高に」という記事が出ていました。

 

全日空は系列ホテルなどを売却し、それで得た資金を主力業務である航空機運航に集中するのだと思われます。

 

「資産の集中投下」

 

これはとても大事なことです。しかも我々のような資本が少ないところはなおさらです。

 

 

資産を分散して投資してもライバルには勝てません。

例えば、あなたが100万円の資産、そしてあなたのライバルが80万円の資産を持っているとします。

 

あなたは100万円の資産を50万円ずつ二つに分けて投資するとします。

あなたのライバルは80万円を一つのことに資産を使うとします。

 

当然あなたはライバルが80万円投資した分野では、厳しい戦いになるでしょう。

あなたは50万円しか投資していません。

 

 

 

ランチェスターの法則をご存じでしょうか?

詳しいことは文字数の関係上書けませんが、弱者は力を1点に集中させ、そこの領域で勝っていきましょうということです。

 

全日空といえども、世界の航空業界から見ると小さいほうなのでしょうか?

鈴木はよく分かりませんが、それでも資産の集中投下は効果があります。

 

 

ちなみに資産とはお金だけを指すわけではありません。

お金は当然として、いままでの経験、専門的な知識、顧客名簿、立地、人材、提携先の能力など、色々なものがあなたの資産になるのです。

 

 

 

資産の集中以外にも、「患者さんを絞る」というターゲットの集中も同じことです。

あっちこっちではなく、「○○な人」とターゲットを絞ると、○○な人は、そこに行くことになります。

 

 

しかし多くの人はこれを知っていても出来ません。

なぜできないのでしょうか?

 

 

それは、恐怖感です。

 

当然ですが、資本を集中すれば外れた時は大変なことになります。

分散しておけば、ひとつは外れても、もう一つは生き残るかもしれないと思ってしまいます。

 

「しかし、資産を分散していたら勝てない」

 

まさにジレンマですね。笑

 

どうしたら資産を集中させることができるのか?

それはきちんと戦略を立てることが大事です。

その場しのぎではなく、戦略を見据えて次の一手を打つ。

 

多くの人は、その場しのぎで行動してしまいます。

目の前の現象に踊らされることなく、戦略を見据えることが重要なのですね。

 

 

ちなみに次回のETCセミナー8月1日(水)ですが、そんな「戦略的」なことを テーマに開催したいと思います。オープンセミナーになりますので、会員でない方も参加できます。楽しみにしていてください。

 

 

ETCメールマガジン

治療家成長戦略情報の登録はこちら

 

コメントありがとう!
月別表示
ぷろふぃーる
 鈴木 直人
  来てくれて ありがとう。

   ■プロフィール■

  ●勉強したもの&しているもの
カイロプラクティック
  ガンステッド
  ディバーシファイド
  ピアーズ
  アプライドキネイオロジー
  トムソン
オステオパシー
関節モビリゼーション
DSIS (Dynamic Shoe Insole System)
PNF (Proprioceptive 
     Neuromuscular Facilitation)
NLP (Neuro Linguistic Programming)

  ●マイブーム
顎関節の治療
ホメオパシー
ストレスマネージメント
NLP
人間観察
生き方上手になること

  ●スポーツ暦
トライアスロン
合気道
空手
柔術
テニス
渓流釣り
ネイチャースキー
ウォールクライミング

  ●好きな言葉
細く長く。

貧乏は恥ではない、
  しかし名誉なことでもない。

生き残るものは・・・
強いものではなく、賢いものでもなく、
唯一変われる者だけだ。

自分が変われば周りが変わり、そして世界が変わる。

正しいことほど普及して欲しい。
だから受け入れやすく伝えるのだ。

Know nothing state
おすすめ本
おすすめ本
おすすめ本
Amazonライブリンク
当サイト著者 鈴木直人の著書
おすすめ!解剖学
筋肉が透けた状態で骨が見えるので、解剖学所として便利です
鈴木が一番好きな本。治療家には必見の本です。
治療家ならコレぐらいは持ってタイ本
  • ライブドアブログ