繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣

整体・鍼灸・カイロプラクティック・柔整・セラピー従事者のための治療院経営情報サイト。整体・カイロプラクティック・オステオパシーを駆使しながら、ゲシュタルト療法・フォーカシング・プロセスワーク等心理療法を使い、治療院の経営法・マーケティングにも明るい鈴木直人が語るブログです

2007年04月

・股関節から見るダーウィンの進化論

d9eb51b2.jpg

こんにちは、ETCの鈴木です。

今日は久々に治療家塾のご報告です。

鈴木が報告をサボっているだけで、治療家塾は毎月行われています。笑

 

 

さて、今回のテーマは股関節。

 

股関節は非常にROMの減少が起こりやすい場所でもあります。特に最近は椅子の生活が多く、股関節を曲げないことが多い。やはり若いうちは椅子よりも座敷がいいですね。そういえば、和式便所も少なくなりましたね。

 

 

さて、今回の内容は股関節のROMの拡大がメインとなりました。

股関節のモビリゼーションとストレッチ。

ストレッチといってもただのストレッチではなく、筋の起始と停止、単関節筋と二関節筋などをきっちりと考えたストレッチです。あとは腱反射テクニックもやりました。

 

 

いきなりですが、ここで一つ、「股関節から見るダーウィンの進化論」をお話しします。

 

ダーウィン曰く、「生物は進化してきた」

反ダーウィン説は、「そんなことない」

 

どうも股関節から見ると(股関節だけではないが)、ダーウィンの方が正しいように思われます。

 

通常、人間以外の動物は、機能的中間位でいる時が多い。

機能的中間位とは、関節可動域の真ん中だと思っていただいていいと思います。

 

人間の股関節の場合、その靭帯から考えると、立位の姿勢には無理が生じています。立位の場合、股関節は伸展されすぎた状態なのです。

 

 

股関節の外側の靭帯は、腸骨大腿靭帯、坐骨大腿靭帯、恥骨大腿靭帯の3つがあります。それら総べの靭帯は、同一方向に向いており、立位の状態ですと常に靭帯に緊張が強いられます。(解剖学書で調べてみよう!)

 

 

つまり、股関節の靭帯からすると、股関節60度ぐらいの屈曲状態が楽な状態。

つまり股関節のそれが機能的中間位なのです。

そしてその姿勢は、四つん這いでいるときに自然に位置するところです。

 

このことから見ても、鈴木は、「人は四足動物からの進化ではないか」と思います。

 

あなたはどう思いますか? 

 

 

というような雑学を織り交ぜながら行っている臨床治療家養成塾のご報告でした。

 

 

 

 

ブログランキング投票       

「繁盛する治療院経営 と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

・真実に勝るものなし

こんにちは、ETCの鈴木です。

最近、ETCでは会員向けのホームページ制作サービスを行っています。

そのためホームページを作成するのに関わることが多くなりました。

 

 

ETCで勉強された先生やこのブログをお読みの方は勉強家なので、ホームページに何を書いたらいいのか何となく分かるようです。

 

その中に「よくある質問」などがあります。

 

しかし、この良くある質問がくせ者なのです。笑

 

本人は良かれと思って丁寧に質問と答えを書いているのですが…

その質問が人為的に作ったのがバレバレなものも多いのです。笑

 

何故なら「そんなこと患者さんを聞いてこないでしょ?」というものが平然と書かれています。

 

 

例えば

Q「健康食品とか買わされたりしないでしょうか?」

A「当院は無理な押し売りはいたしておりません」

 

 

このQ&Aをあなたはどう思いますか?

 

 

特殊な例を除いて、治療院にこんなこと聞く人がいると思いますか?

いませんよね。

 

あなたはこんな質問をされたことありますか?

ありませんよね。笑(あったらごめんなさい)

 

 

「押し売りはしません」と言いたい気持ちは分かりますが、Q&Aのコーナー等は、本当にあった患者さんからの質問を掲載するといいですよ。

 

すると反応も上がってきますよ。

 

 

ブログランキング投票       

「繁盛する治療院経営 と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

 

コメントありがとう!
月別表示
ぷろふぃーる
 鈴木 直人
  来てくれて ありがとう。

   ■プロフィール■

  ●勉強したもの&しているもの
カイロプラクティック
  ガンステッド
  ディバーシファイド
  ピアーズ
  アプライドキネイオロジー
  トムソン
オステオパシー
関節モビリゼーション
DSIS (Dynamic Shoe Insole System)
PNF (Proprioceptive 
     Neuromuscular Facilitation)
NLP (Neuro Linguistic Programming)

  ●マイブーム
顎関節の治療
ホメオパシー
ストレスマネージメント
NLP
人間観察
生き方上手になること

  ●スポーツ暦
トライアスロン
合気道
空手
柔術
テニス
渓流釣り
ネイチャースキー
ウォールクライミング

  ●好きな言葉
細く長く。

貧乏は恥ではない、
  しかし名誉なことでもない。

生き残るものは・・・
強いものではなく、賢いものでもなく、
唯一変われる者だけだ。

自分が変われば周りが変わり、そして世界が変わる。

正しいことほど普及して欲しい。
だから受け入れやすく伝えるのだ。

Know nothing state
おすすめ本
おすすめ本
おすすめ本
Amazonライブリンク
当サイト著者 鈴木直人の著書
おすすめ!解剖学
筋肉が透けた状態で骨が見えるので、解剖学所として便利です
鈴木が一番好きな本。治療家には必見の本です。
治療家ならコレぐらいは持ってタイ本
  • ライブドアブログ