繁盛して尊敬される治療院経営の秘訣

整体・鍼灸・カイロプラクティック・柔整・セラピー従事者のための治療院経営情報サイト。整体・カイロプラクティック・オステオパシーを駆使しながら、ゲシュタルト療法・フォーカシング・プロセスワーク等心理療法を使い、治療院の経営法・マーケティングにも明るい鈴木直人が語るブログです

2006年02月

・美意識

こんにちは、ETCの鈴木です。

 

今回は、前回に引き続きのようなお話です。

 

鈴木は常々、「美的センス」を考えています。

 

見かけもそうですが、仕事に向かう姿勢や生き様にもそれは反映されます。

 

カッコいいことを言ってそうですが、あなたにも必ず持っているものです。

 

たとえば

 

「お金が儲かるなら何でもする」

 

という方は、非常に少ないと思います。

 

 

お金を儲けたいだけなら、治療家ではなく、もっと適した仕事がありますよね。

 

女性なら、風俗などは、誰もがお金を稼げると思います。

 

他にも金融業などもお金をたくさん稼げます。

 

しかし、我々はそれをやらない。

 

なぜでしょうか?

 

 

それは自分の美的センスと合わないからです。

 

 

つまり、「お金が儲かるなら何でもいい」とは思っていないのです。

 

これを岡本史郎氏は、オフサイドといいます。

 

うまいことをいいますよね。

 

 

オフサイドとは、サッカーのルールで、

 

簡単に言うと点を取りにくくするルールです。

 

なぜ、点を取りにくくするルールーがあるのでしょうか?

 

それは「美的センス」の問題なのではないでしょうか?

 

いくら点が取れるからといって、

 

「目の前にキーパーしかいないのに、パスをするのは美しくない」

 

と、思ったかどうかしりませんが、とりあえずそのようなルールがあります。

 

 

オフサイドとは、儲かると分かっていても絶対にやらないコト。

 

もちろん、人によってオフサイドは違います。

 

 

あなたのオフサイドは何ですか?

 

 

 

ちなみに、鈴木のオフサイドはいくつかありますが、

 

チケット販売などもその一つですね。

 

儲かるからといって、他の人がやってても、

 

鈴木は絶対にやりたくありません。 

 

 

すると、やらなくてもいい方法を探すようになるんですよ。

 

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですよね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告をいつもお読みいただきありがとうございます。

・変化への対応と…

6a3dc860.jpg

 

http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=3149025&cdi=0

 

 

こんにちは、ETCの鈴木です。

先ほど、荒川静香選手の特集をNHKでやっていました。

鈴木は知らなかったのですが、去年頃フィギアスケートの採点方法が変わったらしいのです。

 

荒川静香を含め、数人の選手は、今までのスベリをするとなかなか高得点は出せないような採点方法に変わってしまったのです。

当然、新しい得点方法にそって、自分のスベリを変えていかなければなりません。変化への対応という、当然の行動をしなければ、オリンピックに出ることさえできません。

こんなことは、このブログを読んできる方には、分かっていると思います。

 

 

今回、言いたい事は、ただ変化に対応するのではなく、

自分らしく対応する」ということを大切を感じました。

 

 

荒川静香選手はフリーの演技を直前になって「トゥーランドット」に変更したそうです。

そのトゥーランドットを高得点が狙えるプログラムに変更していったのですが、荒川選手のこだわりである「イナバウアー」という技は、得点が得られない技であるにも関わらずその演技に組み込みました。

 

 

 

「トゥーランドットといえば、イナバウアー」

 

 

 

これは荒川選手のこだわりだったそうです。

 

 

高い得点が取れないからといって、もしイナバウアーを排除していたら、ひょっとすると金メダルは取れなかったかもしれません。

 

イナバウアー

それは、彼女のやる気の元だったのかもしれません。

 

 

 

その場の売上げが上がるからといって、売りたくもないチケットなどを売っていたら、あなたのやる気がなくなってしまうかもしれませんよ。

 

あえて売上げが大して見込めないものも、自分のモチベーションアップのためにやる。

 

変化への対応をしつつ、自分をなくさずに自分のスタイルを大事にする。

コレってすごく大事なことですよね。

 

 

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですよね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

・生声です

こんにちは、ETCの鈴木です。

とうとう荒川静香(プリンスホテル)が、金メダルを取りましたね〜。

と言ってもちょっと遅すぎる話題かも…。

 

今日は宣伝になります。

ETCのホームページで新しいページを作りました。

鈴木の生声が聞けます。(すこし恥ずかしいですが…)

http://www.etc-karada.com/message.html

 

ブログランキングも押してくださ〜い

ブログランキング投票       

 

・成功法則の真意

こんにちは、ETCの鈴木です。

 

このブログをご覧になっている方は、おそらく成功法則系の本もお読みだと思います。

 

もちろん、私も色々と読んでいます。

 

 

ところで、そのような本を読んできても、一向に成功どころか、成長すらできない人がいます。

 

 

 

 

 

ETCでも以前アンケートをとった所、9割の方は売上げなどを上げることができたという結果が出ました。

 

逆に言うと1割の方は結果が出なかったということです。

 

 

おそらく売上げを上げられなかった方は、アンケートに答えていただけなかったと思うので、その方たちを含めると、おそらく2割ぐらいが売上げを上げられなかったということです。

 

 

 

 

ETCの会員用の教材は、かなり具体的に書かれていますし、セミナーなどは、さらに具体的で効果的なことをお伝えしています。

 

 

しかし、中には結果が出ない方もいます。

 

 

「この違いは何なんだろう?」 と、鈴木は常々思っていました。

 

 

 

 

鈴木の考えでは、そのように結果が出にくい先生たちは、文章の表面のことを捉えすぎているので、深い意味を見逃している可能性があります。

 

 

最近、鈴木はそのようなことをツクヅク感じるので、新しい教材の準備をしているところです。

 

なんか宣伝になりそうなので、ETCの教材から離れたお話にしましょう。笑

 

 

 

 

話を一般の成功法則系の本や教材に戻しますね

 

 

 

最近良く感じるのは、この手のものに必ず出てくる、

 

 

ポジティブシンキング や 前向き思考

 

 

などの言葉がありますよね。

 

もちろんETCの教材でもポジティブ思考は書かれています。

 

 

 

 

 

ポジティブシンキングで、世間一般的によく出される例が

 

「コップに半分の水があるとします。」

 

この事実を見て、

 

「もうコップには、水が半分しかない」

 

と思うか、それとも

 

「まだ水は半分しかない」

 

思うか。

 

 

この違いで人生は変わるということです。

 

 

 

確かに

続きを読む

・他人から見た自分

こんにちは、ETCの鈴木です。

 

今日もいきなり質問から入ります。

 

 

あなたは、自分の大事なことを自分で決めていますか?

 

 

 

「もちろん、自分で決めているよ」という方もいるでしょう。

 

「なかなか自分では決められないで、周りに流されちゃってるな」と思う方もいるでしょう。

 

 

 

ところで、あなたは知っていますか?

 

 

「あなたの大事なことは、

 

         ほとんど他人が決めている」

 

 

という事実を。

 

 

 

「そんなコトないよ。自分のことは自分で決めてるよ」という方もいるでしょう。笑

 

 

 

しかし、よく考えて見てください。

 

今まであなたの人生の中で大事なことって何がありましたか?

 

 

たとえば、受験ですよね。

 

 

受験は志望校こそは自分で決めますが、

合格するかどうかはその学校が決めるのです。

 

 

社会人になる時も、入社したい会社をあなたは決めますが、

入社できるかどうかはその会社が決めます。

 

大事なお給料もあなたが決めるのではなく、会社が決めます。

 

 

恋愛でも、あなたがお付き合いしたい相手がいても、

恋人になれるかどうかは、あなたが決めるのではなく、相手が決める場合があります。

結婚もしかりです。

 

 

 

そう、あなたの人生の大事なコトって、以外に思いますが、他人が決めているのです。

 

だから、他人に自分の価値が分かってもらえるかは、ものすご〜く大事です。

 

 

患者さんがあなたの価値を認めないと、その患者さんは二度と来院してもらえません。

 

 

だから患者さんに、あなたの価値を分かってもらえないとならないのです。

 

では、それを分かってもらうには、どうしたらいいのか?

 

 

それはコミュニケーションです。

 

あなたが患者さんと頻繁にコミュニケーションを取れば取るほど、

患者さんはあなたの価値が分かってきます。

 

 

何度もいいますが、

「分からない人はいいよ」という考えは、、もう通じないんですね。

 

 

先日、ETCのセミナーでコミュニケーションのセミナーを行いましたが、こういうことにもつながってくるんですね。

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですよね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

・あなたのモットーは?

こんにちは、ETCの鈴木です。

 

今日はちょっと面白い記事を見つけたので、それをご紹介したいと思います。

 

 

16日の日経新聞夕刊に

 

「米ネット・議会 溝深く」

 

という見出しです。

 

 

 

よく読んでみると、どうやら中国に進出したアメリカのネット会社(グーグルやヤフーなど4社)が中国のネット検閲に加担していたらしいです。

 

そのため中国人ジャーナリストが投獄されるという事件まで起きたらしいです。

 

 

企業側は、「その国の法律に従っただけ」という言い分です。

 

 

アメリカ下院議員の一部は、

法に従いナチスにアンネ・フランクの隠れ家を教えたようなもの」と発言したらしいです。

 

 

さて、あなたはこの問題どう思いますか?

あなたが会社の持ち主なら、どうしますか?

 

 

鈴木はこう思います。

 

いいか悪いかは別にして、

私の覚えでは、未だに中国では言論規制があります。

 

そのような国に、インターネットがふさわしいかどうかは中学生でも分かるようなことですよね。

 

 

会社側からみれば、これも先行投資なのでしょう。

 

しかしそのような国に、「儲かるから」といって簡単に参入すれば、どうなるかは分かるようなものです。

いいように使われて終わりかもしれません。

 

 

我先にと参入しておくことも会社存続に必要なのでしょうが、やはり言論の自由が出来ない状態でインターネットを広げればそこには検閲というものが入ります。

 

 

これはもう、いいとか悪いとかの問題ではなく、その会社の「モットー」の問題だと思います。

 

 

アメリカのネット会社4社が、もし、モットーを曲げてまで儲かるからと言って中国に参入したのならば、後でたいへんなトラブルに合うかもしれません。

 

 

 

 

さて、あなたのモットーは何ですか?

 

「どんなに儲かると分かっていても、

 

絶対にやらないこと

 

 

そんなモットーはありますか?

 

 

鈴木は、コレがすごく大事なことだと思います。

 

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですよね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

 

 

・脱税と節税

 

こんにちは、ETCの鈴木です。

 

さて、確定申告の時期に来ましたね。

あなたの去年の収支はいかがですか?

 

 

このブログを読まれて、少しでも収益が上がっていてくれるとうれしく思います。

 

 

 

ところで、あなたは脱税などを考えたことがありますか?

 

いきなりビックリする質問ですね。

すいません。笑

 

 

 

結論から先に述べると、脱税などはしない方がいいですよ。

 

なぜなら、脱税しても見つかってしまえば、かなりの追徴税が課せられます。

 

 

見つからないようにするには、あれこれと脱税の隠蔽工作をするようになります。

 

 

でもそんな暇や労力があるなら、

 

まともに働きましょう。 笑

 

 

患者(お客)さんを呼ぶためのチラシの原案でも作りましょう。

ニュースレターを作りましょう。

勉強しましょう。

 

 

と、いうわけですね。

 

 

 

しかも「見つかるかもしれない」とビクビクするかもしれません。

 

 

 

ですから脱税工作などするくらいなら、その時間や労力をまともな時間に回した方が、よっぽど効率がいいですよ。

 

 

たくさん税金を取られる時は、

 

「こんなに税金払わせるのか〜。よし、じゃぁ来年はもっと稼いでやる!」

 

 

と励んでください。笑

 

 

 

実は成功する人は、労力の配分が適切です。

脱税などという割の合わないことはしません。

 

 

脱税はダメですが、節税はしなくてはいけません。

 

 

脱税と節税の違いは、隠蔽工作をしなくてもいいのです。

だからつまんない労力は使わなくてすみます。

 

 

青色申告会などに入れば、色々と教えてもらえますよ。

青色申告の控除もありますしね。

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですよね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

・仕事によって違うこと

こんにちは、ETCの鈴木です。

 

あなたは、「聞き上手になると仕事がうまく行く」ということを聞いたことがありますか?

 

 

聞き上手になり、相手の要望を引き出すと仕事がうまくいくといわれています。

 

一般の仕事では。

 

 

 

そう、普通の仕事はやはり聞き上手がいいでしょうね。

相手の欲求を引き出して自分の商品やその人にあったプランなどを提示できます。

 

 

 

しかし、我々の仕事は違います。

聞き上手になることよりも、まずは話し上手になることが重要です。

 

 

なぜか?

 

 

それは先生商売だからです。

 

先生とは教える立場の人のことを言います。

 

 

体のこと、病気のこと…

先生によっては「人生のこと」までを教えます。

 

 

 

しかし、自分で分かってても、それを分かりやすく患者(お客)さんに伝えることが出来ない先生も多いです。

 

 

 

これでは聞き上手で相手の要望を引き出しても、患者(お客)さんは納得した説明をされないままです。

 

 

ですから我々の仕事は、話し上手になることが最優先です。

 

 

 

患者さんがあなたの説明に納得する。

 

だから患者さんはリピートもするし、あなたの意見に忠実になります。

 

患者さんは、そんな先生には心から「ありがとうございました」といって頭を下げてお金を払ってくれます。

 

 

 

話し上手になるには、何回も話すことです。

 

武道の稽古と同じです。

 

基本の型を何度も何度も繰り返す。

 

コレに勝るものはありません。

 

 

 

患者さんにどのように話したら分かりやすいか、自分で話し方のマニュアル(型)を作り、お友達に話してみてください。

 

分かりやすいといわれたら、それを何度も何度も口ずさみます。

 

説明もまずは型から入ります。

 

 

出来ないなら、出来るまで何度も何度も試し続けることが重要です。

 

型を覚える稽古だと思ってください。笑

 

 

 

〜ETCの会員の先生にお知らせ〜

 

本日、ETCの会員の先生には、先日のETCトークセミナーのDVDがある程度出来上がりましたので、そのお知らせをお送りしました。

明日か明後日にはお手元に届くと思います。

そのセミナーDVDのテキストには、鈴木の治療院のトークマニュアルが入っています。ご自分でなかなかマニュアルが出来ない方は、それをご参考にしてマニュアルを作ってみてください。

 

ちなみに鈴木の治療院のマニュアルが公開されるのは、おそらくこのDVDだけだと思います。お求めの先生は、ご注文用紙でお願いします。

 

 

  

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですよね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

・集団催眠

 こんにちは、ETCの鈴木です。

 

このブログをご覧になっている方は、成功したいと思っている人がおおいと思います。

 

突然ですが、あなたが成功への階段を上ろうとするとき、

あなたの足を引っ張る人が、あなたのすぐ近くにいることを知っていますか?

 

 

 

あなたが何かを変えようとすると…

 

「そんなのうまく行きっこないよ」

 

 

あなたが新しい何かを始めようとすると…

 

「あなたじゃ無理よ。そんなに世の中甘くないよ」

 

 

と言われます。

 

 

 

それも一人や二人ではありません。

しかもその人は、あなたの一番近くにいる人だったりします。

 

奥さん、旦那さん、彼女、彼氏、親、親戚、親友。

 

 

彼らにあなたの成功を止めようという悪気はありません。

彼らはあなたのことを思って止めています。

あなたに失敗して欲しくないので、止めようとします。

 

 

「心配」ということばの影で…

まるで、「あなたがそれを出来ないように」と、集団で催眠をかけるように言ってきます。笑

 

 

集団催眠にかかってはいけません。

多くの人は失敗をものすごく怖がります。

 

 

しかしそれに負けてしまうと、成功は出来ません。

 

 

もし、周りの人が止めにはいった時、

「やっぱりやめよう」とあなたが思うのなら、

まだ、あなたの計画は準備不足という意味でもあります。

 

 

止めにかかられたら、その人を説得できるだけの知識と情熱が必要になります。

 

 

止められた時、あなたは試されています。

 

「準備不足はないですか?」と。

 

 

 

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですよね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

・経営はトライアスロン

寒いですね〜。

雪が振ってましたよ。

 

 

こんにちは、ETCの鈴木です。

寒さが厳しいですが、今日はトライアスロンのお話です。

 

 

なぜ、いきなりトライアスロンの話なのかというと、

特に理由はありません。笑

ふと、思いついたからです。

 

 

 

鈴木がトライアスロンをしていたことは知っている方は知っていると思います。

 

 

トライアスロンを知らない方のために、ちょっとしたご説明です。

トライアスロンとは、水泳・自転車・ランニングの3種類を続けてやるスポーツです。距離はさまざまですが、鈴木が好きだったのはロングタイプといって、水泳3.83.9km・自転車180km前後・そして最後にフルマラソンの42.195kmを一日かけて行います。

ちなみに鈴木は10時間ぐらいかかります。

 

 

 

さて、いきなりトライアスロンを持ち出したのは、こういうことです。

経営は一つのことだけが出来ていればいいということではありません。

 

我々の業界は治療技術を一生懸命学ぶ先生は多いです。

しかし、その他は何もしないという方が非常に多いです。

 

 

もちろん治療院といえども、集客のことや経理のことも学ばなければなりません。他にも患者(お客)さんとのコミュニケーションも取らなければならないし、繁盛するには、ある程度ものが書けるようにもなってなければいけないのです。

 

 

 

そうです、治療院を経営すると言うことは、「治療」以外にもたくさんのやることがあるのです。

 

 

水泳の練習ばかりしていても、トライアスロンでは勝てないのはトライアスロンを知らない人でも分かります。

 

しかし治療院の経営だと、治療技術だけに偏ってしまうんですね。

 

 

 

 

さぁ、あなたも治療院経営というトライアスロンのレースで、一番になりましょう!

 

 

 

追伸

「治療」以外だけでもダメですよ。当然ですが…

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですよね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

・ゴールは変わる

こんにちは、ETCの鈴木です。

 

前回はセミナーのご報告になりましたので、今回は書きたかった記事をお書きします。

 

 

前回のOS先生のコメントの「ホリエモン騒動」という言葉に「ピン!」と来ました。

 

 

それは

 

 

「時代の最先端を行くのは危ない!」

 

 

ということです。

 

 

 

時代は常に変容しています。

あまりにも時代の最先端を行くと、時代が変わった時にはそれは取り返しの付かない向かい風を受けることになります。

 

 

感のいい方は、もう分かったかと思います。

 

 

 

 

つまりこういうことです。

 

現在あなたは東京にいると思ってください。

 

現在の価値観では

 

「成功のゴールは大阪だ」

 

という時代だとしますね。

 

 

すると、みんな我先にと成功しようとバタバタと大阪に向かいます。

早い人はもう名古屋あたりにいるとしましょう。

遅い人はまだ横浜あたり…。

 

 

しかしココで時代の変容がありました。

 

 

 

「これからは、北海道がゴールだよ〜ん。」

 

 

 

そうです、

時代はあなたの努力とは関係なしに、いきなり変容を告げます。

しかもまるであなたの努力をあざ笑うかのように…。

 

 

 

一番乗りを狙っていた人は名古屋です。

一番ビッケだった人は横浜です。

また、それぞれに北海道に向かいます…。

 

 

 

価値観が変容すれば、ゴールは変わる。

 

時代の最先端を行くのは一見華やかですが、

足元は実に危なっかしいのです。

 

 

 

流行りものも同じです。

流行っているからと、手を出すころには変容が近づいているかもしれませんよ。

 

○○浴

○○ダイエット

 

危ないですよ。気をつけてくださいネ…。

 

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですよね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

・セミナーのご報告

こんにちは、ETCの鈴木です。

2月1日は、ETCのセミナーで東京に行ってきました。

お題は「ETCトーキングセミナー」でした。

 

患者さんとコミュニケーションをとる中で、トークというのは非常に重要になってきます。

そのコツを心理学やNLPを使ってお伝えしました。

アンケートにも多くの学びがあったと書かれていたし、

自分でも十分の内容であったと満足しています。

 

昔、鈴木自身がコミュニケーションの能力が低く困ったことがあり、コミュニケーション法を学んでからはとてもスムースに繁盛するようになりました。

それをみなさまにお伝えしました。

 

毎回盛り上がる懇親会ですが、今回はいつも以上に盛り上がっていたと思います。

会員の先生同士でも、かなり親しくなり、横の繋がりがバンバン出来ているので鈴木もとてもうれしいです。

鈴木もそうでしたが、我々の業界はウチウチで固まりやすく、横の繋がりが少ないので視野もせまくなりがちです。

やはり成功するには、多くの人脈や横のつながり、たての繋がりが取っても大事です。

そういった面でも、コミュニケーションはとても大事なものですね。

 

あなたはコミュニケーションは得意ですか?

 

ところが、セミナーの帰りに地震があり、電車が止まってたいへんでした。

家に帰ったのは、12時近かったので、今日は眠たくてたまりません。

というわけでおやすみなさい…zzz

 

いつもクリックありがとうございます。

今回の記事がよかったな〜と思える方は、ブログランキングへご投票お願いします。あなたの1クリックの投票で10ポイント上がるんです。これがけっこう楽しみなんですよね。やる気も出てきますので、とりあえずプチッと押しといてください。 笑

 

ブログランキング投票       

                  執筆 ETC患者獲得研究会 鈴木

「繁盛する治療院経営と症例報告」をいつもお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

コメントありがとう!
月別表示
ぷろふぃーる
 鈴木 直人
  来てくれて ありがとう。

   ■プロフィール■

  ●勉強したもの&しているもの
カイロプラクティック
  ガンステッド
  ディバーシファイド
  ピアーズ
  アプライドキネイオロジー
  トムソン
オステオパシー
関節モビリゼーション
DSIS (Dynamic Shoe Insole System)
PNF (Proprioceptive 
     Neuromuscular Facilitation)
NLP (Neuro Linguistic Programming)

  ●マイブーム
顎関節の治療
ホメオパシー
ストレスマネージメント
NLP
人間観察
生き方上手になること

  ●スポーツ暦
トライアスロン
合気道
空手
柔術
テニス
渓流釣り
ネイチャースキー
ウォールクライミング

  ●好きな言葉
細く長く。

貧乏は恥ではない、
  しかし名誉なことでもない。

生き残るものは・・・
強いものではなく、賢いものでもなく、
唯一変われる者だけだ。

自分が変われば周りが変わり、そして世界が変わる。

正しいことほど普及して欲しい。
だから受け入れやすく伝えるのだ。

Know nothing state
おすすめ本
おすすめ本
おすすめ本
Amazonライブリンク
当サイト著者 鈴木直人の著書
おすすめ!解剖学
筋肉が透けた状態で骨が見えるので、解剖学所として便利です
鈴木が一番好きな本。治療家には必見の本です。
治療家ならコレぐらいは持ってタイ本
  • ライブドアブログ