つり1






魚のいないところ


こんにちは、鈴木です。
お待たせしました。
パソコンの調子が悪く、更新できませんでした。
楽しみにしている方には、申し訳なく思っております。
じゃぁ、楽しみにしていない人には?と聞かれそうですが・・・。

さて、突然こんな写真びっくりしましたか?
実は先日、渓流釣りに行ってきました。
やはり自然に帰るのはいいですね〜。
自然を満喫してきました。


成果は・・・
恥ずかしながら「ボウズ」(0匹)でした・・・。笑

「まだ寒いし、今日は魚が動かないんだ、もしくは魚がいないんだ。」と思ったら、
師匠は(釣の)は毛ばりでかる〜く岩魚を2匹ゲット!


・・・

魚、いるじゃん・・・。


鈴木はえさ釣りでしたので、えさをブドウ虫にしたり、
イクラにしたり、途中、川虫を捕まえてえさにしたり・・・
こんなにがんばったのに・・・ 

ダメでした・・・。

でもまぁ、自然を満喫できたので良しとします。笑



さて、つりの話が出たのでこんな話をお伝えします。
こんな例えは患者さんにまことに失礼なのですが・・・

広告(えさ)が
どんなに良くても、
あなたがどんなにがんばっても
そこに患者さん(魚)が
いなければ釣れません。



魚はいても
魚が満腹(患者さんがいまの状態で満足)なら
どんなに良いえさにも(広告)食いついてきません。



腹のすかしている魚(今の状態を満足していない患者さん)が
たくさんいれば、マズイえさ(広告)でも食いついてきます。



広告は「出来」だけではなく、
あくまでも「エリアとタイミングと出来」です。


閑散期は患者さんが少ないため、広告を出したくなりますが、
閑散期は魚が動かない状態。
魚が満腹の状態。
魚がいない状態です。
がんばるだけドツボに入ってしまうときが多いです。



健康・医療部門のブログランキングで現在33位です。
あなたの一票で10ポイント上がります。
よろしくお願いします。
けっこうこの順位が楽しみだったりします。笑
健康・医療ブログランキング

ご協力ありがとうございました。




%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
ETC患者獲得研究会
自律神経失調症専門の無料メールマガジン
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%